« 青い空とお花畑  ~奥穂高岳~  | トップページ | 夏はアルプス!奥穂高岳  涸沢~奥穂高岳編 »

2011年8月19日 (金)

夏はアルプス!奥穂高岳  上高地~涸沢編

Img_1837_convert_20110817232945

しょっちゅう山へ行けない私にとって

やっぱり夏休みには華々しい山へ行きたい。

華やかな山・・・と言えば、やっぱりアルプスっ♪

と言うことで日本で三番目に高いお山、奥穂高岳を目指すことになった。

2011年 8月12日(金) 快晴sun

最初の予定では前日の11日21時過ぎには出発しようと話してた。
けど・・・予定は未定。。。
私がテキパキとパッキング出来る筈も無く・・・

『洗濯もしておかなきゃー』と洗濯したり、
手際の悪さに夫から嫌味を散々言われたり・・・
ぐずぐずしている内に日が変わり 結局出発出来たのは1時半を回っていた。

今回の上高地入りは夫の希望もあって平湯から。
でもさ、安房トンネル通過するのに750円も掛かるんですけど。
時間も遅くなったんだからさー沢渡からでいいじゃん・・・
と思うも、くずくずして出発遅らせた張本人が意見出来る筈も無く
でもお金出すのあたしなんだよねーブーブーpig

沢渡から入れば1時間近くは早く上高地入り出来るのにね~

そんなこんなで平湯温泉、始発のアカンダナより乗り込む。
往復割引で2,000円也moneybag

Img_4176_convert_20110818102000
               バスの車窓から

上高地までは30分の道のりだけれど、出発が遅かったから
上高地バスターミナルに着くと、登山するような人はほとんどおらず。。。
トイレを済ませ登山届けを出して準備運動をして大勢の観光客に混ざって歩き出す。

Img_4189_convert_20110819102658
              遠くに河童橋を見る

上高地から横尾までの道のりを
 『タラタラ長いし観光客が多くてイヤ』
と言う山屋さんもいるけれど、木漏れ日が溢れ 爽やかな風が吹く梓川沿いの道を歩くのが私は結構好きだったりする。

Img_1838_convert_20110818101850
                    清流に緑の水草ががユラユラ

上高地バスターミナルから休憩を取るのにいいタイミングで
約1時間歩く毎に山小屋がある。

Img_4205_convert_20110818102338
                行動食はドライフルーツ

最初の休憩は明神館の木陰にて。
最近はまっている『マカダミアンナッツ&バナナチップ&マンゴー』のドライフルーツ。
サクサクッとした食感のバナナチップと軽い歯ごたえのマカダミアンナッツを交互に食べるのが正しい(あたしが勝手に決めた^^)食べ方。
甘味が欲しい時はマンゴーを♪ 本当に美味しいから是非お試し下さいませ^^

Img_4198_convert_20110818102259
                    木漏れ日溢れる林道

明神館から爽やかな風をあびながら約1時間テクテク歩くと
大好きな徳澤園に到着。
今日は出発が遅くなってしまったのでココでお昼をとることに。

Img_4241_convert_20110819102850
                     皆様ご存知の みちくさ食堂 

『みちくさ』って書いてあったら寄らないわけには行かないでしょ?♪

Img_1841_convert_20110818101923
                         野沢菜炒飯

私は野沢菜炒飯、R太郎はカレー蕎麦、夫は山菜蕎麦
因みにココにラーメンはありません。ラーメン食べたい方は
横尾まで我慢しましょう♪

徳澤園は宿泊棟もとっても素敵だし(泊まった事ないけどw)、テント場の草原も最高♪
そしてそして、みちくさ食堂もとっても素敵なのである。

Img_4219_convert_20110819102219

こんな照明も

Img_4221_convert_20110819102804

木製の窓枠からみる風景も

Img_4224_convert_20110819102932

無垢の木のテーブルや可愛い木製のスツール

ガシガシ岩場を登って登頂を喜ぶのもいいけれど
こんなまったりとした一時をレトロな雰囲気の建物の中で
緑を眺めながら過ごすのも私は大好きだ。

徳澤園名物ソフトクリームは帰りにとっておいて、先へ進むとしよう。
ココから1時間も歩くと横尾。
ご存知の通り、涸沢方面と槍ヶ岳方面への分岐点である。
山から戻ってくる人、これから向かう人。沢山の人の休憩地点だ。

Img_1845_convert_20110819102326
                    食べかけでごめんなさいsweat01

ここまででも汗だく。飲んでも飲んでも汗で水分が飛んでいく~
徳沢園のソフトクリームは帰りのご褒美なんだけど、やっぱり暑いから横尾でも食べちゃおう。
ソフトクリームもどき(笑)とペプシでクールダウン。
身体が癒えた頃、横尾大橋を渡り涸沢方面へ。

Img_4251_convert_20110819103018

実はこの時点で既に13時43分。遅~~~い。
早発ち早着が鉄則ですが・・・縦走じゃないし~~いっか~~
と自分に言い訳しつつも急ぎ足で先へと進む。

Img_4266_convert_20110819141537

屏風岩を左手に見ながら回りこむように進み・・・

Img_4259_convert_20110819103443

横尾から約1時間、平坦で歩きやすい林道から↑こんな風な登山道に変わってきたら
本谷橋はすぐそこ。

Img_4267_convert_20110819141328

ユ~ラユ~ラ揺れる本谷橋に到着。
ここから本格的な登山道に変わるのでしっかり休憩。
いや~快晴は嬉しいけけどホントにも~~あっついsweat01摂った水分がすぐ飛んでいく。
それでも先週登った鳳凰三山に比べたら、月とすっぽん!
暑くても爽やかな風が吹くココはまさに天国であーる^^

そうは言って居てもやっぱり4時間近く歩いたコノ頃になると
ザックの重さがずっしりと肩に圧し掛かってくる。疲れた・・・ハァ

先もまだ見えないし、2時半も過ぎたこともあって少々焦り気味。
この後は約2時間半。ガンバって歩かねば!

Img_1850_convert_20110819102357

そう急ではない 石段の様な登山道。
所々「落石danger」の標識があり!そんな場所はとっとと通過に限る。

Img_4277_convert_20110819103938

遠くにカールが見え始めた。本谷橋から1時間ほど。

ひゃっほ~~♪あともうちょっと~~~♪

と単純に喜ぶが、ここからが長い・・・見えても見えてもまだ着かない。

沢を右手にどんどん高度をあげていく。
水の音が近くなって河原のような場所に出たらほんとに涸沢はすぐそこ~

Img_4294_convert_20110819103828

河原の側の日陰で、ひっそり咲いていたチングルマ

Img_1854_convert_20110819102424
                   可愛いよね、チングルマ

この頃には遠くに赤い屋根の涸沢ヒュッテの屋根が見えるようになる。

雪渓が残る脇の石段を登っていくと

Img_4306_convert_20110819104056

あ~~やっと着いた~~♪涸沢ヒュッテ~わーい♪

Img_4309_convert_20110819145710

ご存知の方は多いと思いますが、ココ涸沢ヒュッテは本館、新館、別館などなど
なんだかとっても入り組んでいる。
階段状の岩場(?)の上に建っているせいもあるだろうが
登ったり降りたりしなきゃいかんのであーる。

テント泊の受付はテン場にて。
コノ上の売店の横を通り、テン場へと向かいましょう。

Img_4321_convert_20110819103728
             色とりどりのテントの花が咲く涸沢のテント場

着いたのが17時ちょっと前とあって、当然の事ながら平らな場所は無い。
大岩、小岩がゴツゴツのこのテント場。快適に過ごす為に借りたかった
コンパネ(コンパネって書いてあるけどベニヤ板が正解)も無い。

なんとかそこそこ我慢出来る場所を見つけ我が家を建てる。
今年はR太郎の身長も伸びてしまってさすがに3人用に3人じゃきつい。
で、ソロテントを一つ買い足して今年は2張り♪快適に寝られそうだ。

お家が建ったら夕飯の準備

Img_1863_convert_20110819102258
                          ペンネ&トマトソース

7月に行った北八つの根石岳でも作ったペンネトマトソース。
胚芽パンと一緒にいっただきまーす♪

Img_1860_convert_20110819154759
                 蝶ヶ岳、常念岳方面が夕陽で紅く染まる頃

ご飯を食べ終えるともう睡魔が・・・・
テントから見上げた奥穂は荒々しい岩肌を見せ、人を寄せ付けない雰囲気さえ持っていた。

『うっ・・・ここ、怖いかも???登れないかも??』

と一抹の不安を抱きながらも寝不足と疲れの為、爆睡体制へ入った私であった・・・


涸沢~奥穂高岳 編へ続く・・・

|

« 青い空とお花畑  ~奥穂高岳~  | トップページ | 夏はアルプス!奥穂高岳  涸沢~奥穂高岳編 »

山登り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538400/52512805

この記事へのトラックバック一覧です: 夏はアルプス!奥穂高岳  上高地~涸沢編:

« 青い空とお花畑  ~奥穂高岳~  | トップページ | 夏はアルプス!奥穂高岳  涸沢~奥穂高岳編 »