« 夏はアルプス!奥穂高岳  上高地~涸沢編 | トップページ | 夏はアルプス!奥穂高岳 涸沢~上高地編 »

2011年8月21日 (日)

夏はアルプス!奥穂高岳  涸沢~奥穂高岳編

Img_1908_convert_20110820171234

上高地~涸沢編は こちらから♪



2011年 8月13日(土) 快晴sun10時過ぎからガスガスcloud夕方一時rain

2日目の朝を迎えました。

昨日 涸沢に着いて見上げた穂高の峰々は 岩肌も荒々しく 来るものを拒むような、そんな雰囲気さえ醸し出していた。

一抹の不安を覚えながら一夜が明け・・・

Img_4352_convert_20110821141126

真っ青な空の下の朝陽を浴びている穂高は

昨日とはうってかわって柔らかで優しい顔をしていた。

Img_1867_convert_20110820220217_2

ちょっとだけ登れそうな自信が戻ってきた。

Img_4383_convert_20110821141456_2
                       屏風ノ頭から朝陽が昇る

テント場にも陽が射しこみ、賑やかになってくる朝5時頃。
既にザイテンを登ってる人も見える。

Img_4388_convert_20110822000125_2

テント場から出発~~のグループも沢山居る中・・・・

Img_1876_convert_20110820220322_2

Img_1878_convert_20110820171408_2

Img_1881_convert_20110820171438_2

おぃおぃ・・・今からご飯ですか?
と、そんな感じで朝御飯です。 
永谷園ののり茶漬け&マカロニサラダ&ソーセージ

晴れのち雷雨or雨の予報だから、お昼前には登頂したいと思いつつ・・・
しっかりと食後のコーヒーまで飲んじゃって、やっとの出発は8時丁度。

Img_1882_convert_20110820220409_2

テント場からヒュッテに伸びる石畳を登っていくと右手に長野県警の山岳遭難救助隊の基地がある。
その脇からペンキの印を辿って涸沢パノラマコースを通りザイテングラートへと向かう。
※この涸沢パノラマコースはザイテンへの取り付きに向かうコースです。
 涸沢から屏風ノコルを経て徳沢へおりるパノラマ新道とは違うのご注意を♪

Img_1897_convert_20110820220700_2

なんて。゚+.(・∀・)゚+.゚イイ!!天気!!

ずっとこんな感じの岩岩ロードを歩きます。

Img_4422_convert_20110821141312_2

ストックが岩にはまって抜けなくなるの図↑

Img_4428_convert_20110821141638

ひゃっほ~♪まるで天に向かって歩いてるみたい

歩き出して30分もすれば回りはお花畑に・・・
盛花の時期は過ぎたとは言え、まだまだ見ごたえ充分。

Img_4438_convert_20110821141855_2
                         涸沢槍とお花畑

何度も何度も足を止めてしまう お花畑
2~3週間早ければきっとハクサンイチゲで一杯だったでしょう。

Img_4439_convert_20110821141932_2
                          涸沢岳とお花畑

この時期はクルマユリ、ハクサンフウロなどなど・・・(←他は調べてなくてわかってないw)

しばらくして雪渓をトラバースする

Img_4442_convert_20110821141755_2

雪も腐ってないし、よく締まってるからノーアイゼンでモーマンタイ♪

雪渓をやり過ごし 北穂と涸沢岳がより近くに見える辺りから、少しづつ斜面が急になってくる
ここでもお花がいっぱいで、足止め食っちゃうのよね~sweat01

Img_1908_convert_20110820171234_2
                     チングルマとアオノツガザクラと涸沢岳

Img_1911_convert_20110820171341_2
                       ハクサンフウロと涸沢岳

Img_1909_convert_20110820171614
                  お花と涸沢岳(調べろってばー)

本の中でしか知らなかった場所に、今居ることが出来る
それだけで気分が高揚しちゃう。か~な~~りハイテンション!

Img_1915_convert_20110820171723
                              エゾシオガマ

お花に見入ってのんびりしている内に、急な岩場のザイテングラートへ突入。

Img_4445_convert_20110821142056
                      ザイテングラートを行く その①

Img_4446_convert_20110821142012
                      ザイテングラートを行く その②

Img_4449_convert_20110821142139
                      ザイテングラートを行く その③

ホタカ小ヤ 20分

信じるか信じないかはアナタ次第です(笑)

Img_4453_convert_20110821142420
                     ザイテングラートを行く その④

見ての通り岩岩の、たま~にどっちかが切れてる場所をよじ登ったり 息をするのも忘れそうな場所もあるけれど
思ったよりも歩きやすかったように思う。

ただ、歩いてる途中、吊尾根か前穂の方から 
ガラガラガラ・・・・
と、落石の音が何度もしたりして結構怖かった。

知ってる人もいると思うけれど、前週にはここザンテングラートで落石での滑落事故があり、祖父と小2の孫が亡くなるという 悲しい事故があったばかりだった。
自然に起きてしまう落石を止める術はないけれど、足元と頭上の音は注意しながら歩かなくては。。。
と強く思うのであります。
また自分の過失によって落石を起こさないようにしたいもの。
災害は何時 自分に降りかかるのかわからないものです。

登り始めて約2時間半、穂高岳山荘に到着

Img_1919_convert_20110821173649 Img_1921_convert_20110821140931

外から見ると普通~~の山小屋だけど
中は鉄製のストーブがあったり ウッディーでとってもお洒落な造り。

ここで山バッチ3つと手拭1枚GET。水分補給の休憩をしたらいよいよ山頂へ。
山頂へは小屋の広~い石畳の様なテラスの端から取り付く。

Img_1939_convert_20110821180631
            下山後に撮った山頂への取り付き(指、写ってますw)

1番怖かったのはココ!!
梯子2本と鎖場。1本の梯子は微妙に斜めになっていて、しかも足を掛けるところに岩が出っ張ってたりして
高所恐怖症のわたしにとって1番の堪え所。
鎖場もね、登る人と下山する人のすれ違いがとにかくドキドキものcrying

写真で見ると高度も大したこと無さそうに見えるんだけど。。。実際は怖い。
あ、それは私が高所恐怖症だから?sweat02

Img_4468_convert_20110821142553_2
                   デカケツで失礼・・・

ここが最後の堪え所だったかなぁ~?
登りきった後振り返れば・・・

Img_4472_convert_20110821181145

こんな感じであります。
真下には穂高岳山荘の赤い屋根が。

ここまで来てしまえば後は岩屑の様な上を稜線歩き。

Img_4473_convert_20110821175516_3

すっかりガスに包まれてるせいで高度感を感じないのかも?

Img_4475_convert_20110821175839

写真で見るより、実際歩いてる方が怖くないと思うけど・・・

Img_4482_convert_20110821183029_2何故か ザックを斜めに背負ってる。 残念っ!!

取り付きから約50分、奥穂山頂 キタ━━━━━(゜∀゜)━━━━━ !!!!

Img_4488_convert_20110821174837_2

やったよ~奥穂 登頂~~ψ(`∇´)ψ

お後がよろしいようなので、急いで下ります・・・

山頂に着いたら絶対写真撮ろう~と思ってたのに

Img_1931_convert_20110821175002_2

楽しみにしていたジャンダルムも・・・

Img_4494_convert_20110821141547

槍ヶ岳の大展望も・・・・

ドヨ~~ン・・・

数十分待ってはみたものの、結局ガスが切れることは無かった。
後ろ髪は引かれるけど、展望は期待出来そうもないので下山することに。

Img_1932_convert_20110821190816_2
                 岩の隙間から見る涸沢ヒュッテとテント場

Img_4504_convert_20110821175426_2

下るのは早い・・・ガシガシ行きます。
最後の鎖場と梯子が不安だったけれど、意外にも登る時より全然怖くなかった。不思議であります。

するすると梯子を下りると穂高岳山荘にタダイマ~♪

Img_1938_convert_20110820172019
                         穂高岳山荘ラーメン

ここでやっとお昼ご飯。穂高岳山荘ラーメンを小屋の外で、石のテーブルと石の椅子に座って頂きます♪

のんびりと時間が過ぎていく至福の時。
ザイテングラートを登り始めた頃、いつ雨が降ってもおかしくないような空だったけれど 結局お天気がもってくれて雨に降られずに済んでヨカッタ。

さてさて、お腹も心も幸せになったところでテント場まで下山していきます。

Img_4529_convert_20110821213705

山頂から下山する時もそうだったけど、ザイテンも下る時は全然怖くなかった。
高い位置から見下ろすから、次に足を置く岩の位置が確認し易いからかな?
登る時、ここは~~sweat01って焦った場所もスイスイ

Img_4533_convert_20110820213119

カール独特な地形も、上から見るととっても綺麗

下山時も同じルートを使ったけれど、登る時と下る時では全然違った風景が見れて一歩一歩が楽しくって仕方ない。下ってしまうのが勿体無いくらい・・・

Img_1941_convert_20110820174558

Img_1916_convert_20110820171825

Img_1949_convert_20110821175317 Img_1942_convert_20110820174702

            イワギキョウ・イワツメクサ・ハクサンイチゲ・イブキジャコウソウ

Img_1960_convert_20110821175222 Img_1943_convert_20110820174731

Img_1950_convert_20110821215415_2 Img_1952_convert_20110821215318

               チングルマ・?・ミヤマキンポウゲ?・シナノキンバイ

この他にも沢山の花たちに足止めを喰らう楽しい一時

Img_4538_convert_20110820213203

そしてあっと言う間に涸沢ヒュッテまで戻ってきました。

ヒュッテに戻ってきたら・・・・

Img_1962_convert_20110821175041
                  ビールとおでんとコーラとソフトクリームで乾杯~~♪

それにしてもコノ抹茶ソフト、巻き巻きが酷くありません??

この後パラパラと とうとう雨が降りだしました。
あんまり雨が酷くなっちゃうと テントに戻るのが嫌になりそうなので
宴会も程ほどにテントへと戻ります。

雨が上がり外の空気がひんやりしてきた頃、夕飯の支度に取り掛かります。

Img_1963_convert_20110821220913 Img_1966_convert_20110821221013

Img_1965_convert_20110821220946

今夜は簡単に崎陽軒のシウマイとどん兵衛♪

そうそう知ってますか?崎陽軒のシウマイは

シュウマイ

じゃなくって

シウマイ 

なんだってこと!!  余談でした。。。sweat01

さっ、今日も疲れたし曇り空で星も見れないし・・・

早々とシュラフに潜り込み、深~い眠りの世界へと吸い込まれるのであった。

涸沢~上高地編へ 続く・・・  ってまだ続くのかいぃっ!

|

« 夏はアルプス!奥穂高岳  上高地~涸沢編 | トップページ | 夏はアルプス!奥穂高岳 涸沢~上高地編 »

山登り」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。はじめまして。

実は以前からブログ拝見させて頂いてます。

ポレポレ隊の所から寄らせて頂いたのがキッカケ
です。

お盆休みは北アにいたのですね。私も13日~16日
まで息子と北アにいました。

15日の夜は槍ヶ岳山荘に泊まりました。

槍ヶ岳山荘のラーメンもおいしいですよ~(笑)

奥穂高岳も前々から登ってみたいと思っていた
山でしたが、私はクサリ、梯子はあまり得意では
ないので、、、躊躇していましたが、かわみんさん
のレポを拝見したら、やはり登りたくなりました。

涸沢のカールはやはり素晴らしいですね。

涸沢槍、かっこいいです。とんがっている山
大好きです!

13日は朝のうちは天気がよかったのですが、その後は
少し残念でしたね。。。

私も鏡池からの槍・穂高の景色を楽しみにしていた
だけに少々がっかりしましたが、でも雨に降られな
かっただけよかったかもしれません。

山の天気は仕方ないですね。

ご家族でテントを背負っての山登り、すごいですね!
私にはとても出来ません。

これからもご家族で仲良く山登りを楽しんで
下さいね。

続きのレポ楽しみにしています。

突然失礼しました。

投稿: コロネ | 2011年8月22日 (月) 18時22分

出来た~!と思って飛んで来ましたhappy01

かわみんさんのわくわく感がビンビンと伝わってきましたよ~。
写真がとってもいいね。
以前から感じてはいたのだけれどカル2も写真の撮り方が上手だね と言っていましたよ。

ポイントをしっかり押さえてあるし、アングルもいいなあと思います。

すっかりご無沙汰している穂高だけれどあのわくわく感を思い出して胸がキュンとなりました。

山頂からの展望は残念だったけれどいずれ北穂や前穂とのからみがあるのだからそのときまでのお楽しみ♪

かわみんさんには感心してることがあるの。
ちゃんと段階を踏んで体の準備をしてるなあ・・・って。
だから穂高も楽しめたと思うのよ。

私は今年は例年にも増して嫌になるくらい悪天に泣かされて・・・
もう 開き直りです。
行ける時は行けるのだ~!

私も体の準備をやり直して登りたい山へ出かけたいと思います。
山レポをかわみんさんに読んでもらえるのはいつになるやらcrying

投稿: カルディナ | 2011年8月22日 (月) 21時05分

sunコロネさん♪初めまして~~heart02
ようこそいらっしゃいました!!

初めましてと言っても、私もコロネさんのお名前は弱足ママさんのところでよく拝見していたので
ず~~っと前から存じてました^^
コロネさんが息子さんと北アに行ったこともhappyの方のコメを盗み見て(笑)
存じてました^^双六岳の方から西鎌尾根~槍へ歩いたんですよね?
鏡池やお花畑のある双六岳はず~~っと前から憧れでジュリアちゃんのところのコメを見た時に
こっそりブログにお邪魔しよ~っと♪と企んでたんですよ(笑)

>私はクサリ、梯子はあまり得意では
ないので、、、躊躇していましたが、かわみんさん
のレポを拝見したら、やはり登りたくなりました。

こんな風に言ってくださるととっても嬉しいです♪
でも私、高所恐怖症なんですよ。
丹沢の表尾根にある行者岳の鎖場でさえ脈が早くなってしまう程なんです(笑)
なので奥穂山行は私にとって、大スクープの様なことで
なので滑落事故など、自分がネガティブになる様なことは耳に入れず
勢いを付けて行っちゃったーって感じでした。
怖いと思うより、山からの眺めをこの目で見て見たい!
ジャンダルム見たい!槍さまを眺めたい!ってその思いだけでhappy01
でも、コロネさん槍ヶ岳登ったんですよね?
それなら全然OKですよ~~!!
山渓だったかな?槍の穂先の梯子の写真が載ってましたが
奥穂の方が全然短いですし、山で出会った方々に聞くと
奥穂の梯子の方が登りやすいと仰ってました。
それに穂高岳山荘脇の壁だけなので、一瞬で終わるので絶対大丈夫scissors

ドキドキするほど怖いけど・・・でも楽しいーー。
下見れないけど・・・嬉しいーーっhappy02って感じでした^^

そうそう、涸沢槍のトンガリは凄いですよー
槍ヶ岳の穂先より鋭いかも??です(*^o^*)
お花畑のバックに聳える涸沢槍は中々素敵であります♪
コロネさんとんがりがお好きなら、是非お近くで見て見てください♪
悩殺されること間違いなしです(笑)

>ご家族でテントを背負っての山登り、すごいですね!
私にはとても出来ません。

いえいえ、テントを背負ってるのは夫と息子でして(笑)
私は食料担当なので1日目は誰よりも重いんですが
2日3日と経つごとに毎にどんどん軽くなっていきます(笑)
でも、やっぱり年には敵わないな~と最近思ってます。
奥穂へ行った前の週に鳳凰三山へ行ったんですが、下山時にぬかるみで滑って転んだら
お尻から滑ったのに、ザックの重みで前へ倒れこんでしまい
ザックが重過ぎて一人で立てませんでしたsweat01
自分の体力を過信してはダメだな~と反省ばかりです。

あ~~なんだか長々と自分のことばかり喋ってしまいましたsweat02
コロネさんのところにもお邪魔させて頂きますね♪

今日はいらして頂いて、本当に嬉しかったですheart02
拙いブログですが又覗きに来て頂けたら嬉しいです♪

投稿: かわみん | 2011年8月22日 (月) 22時56分

❁かわみんさん こんばんは~
奥穂登頂おめでと~。
天候不順な夏山シーズンなのにいいお天気でよかったですね。
朝もうちょっと早く出れば涸沢岳にももうひと登りできたのにな~
って、私がかわりに残念がってますcoldsweats01
それから、ちょっとおせっかいでごめんなさいですが
「パノラマコース」っていう名前のコースがすぐそばにあるので
そこのところ、すこーし紛らわしいかも、です。
北ヤツと鳳凰のレポ、楽しみに待ってま~す。

投稿: pallet | 2011年8月22日 (月) 23時21分

sunカルディナさ~ん、こんばんは♪
コメントありがとうございます^^

きゃ~カルディナさん、のっけから大サービスなコメント!(笑)

>写真がとってもいいね。

お褒めのお言葉、しかと頂ました♪(笑)
でも、夫の写真もあるので、いい写真は私が撮ったんじゃないかも?です(笑)
あ、因みに・・・お花と涸沢岳シリーズは私♪へへへ


カルディナさん、穂高はご無沙汰でしたか?
本当にワクワクしますよね。穂高って。
私、涸沢に行ったのも初めてだったんですけども
やっぱり人が多い人気の場所なので
『ちょっとなぁ・・・』って思うところもあったんです。
でも。。。パノラマコースから見るお花畑と穂高の山や
ザイテンを登ってる時、足が動かなくなるほどの恐怖感じゃない、
程よいドキドキ感のあるルート
怖いけど長くない梯子や鎖場。
「良い塩梅」って言葉があるけれど
まさにそんな感じで怖いスポットがあって楽しめました♪
明日にでも又行きたい!!って思うほど、虜になりそうです(笑)
ところでカルさんは奥穂~前穂って歩いた事ありますか?
吊尾根怖くないですか??
涸沢から見る吊尾根って、ナイフリッジのように鋭く見えて
めちゃめちゃ怖そうなんですけども・・・しかも落石多すぎ。。。
でも、繋いで見たいな~と思います。
大キレットもジャンダルムも歩けないけど、前穂くらいは歩いてみたいと
欲張っている私であります。

>かわみんさんには感心してることがあるの。
ちゃんと段階を踏んで体の準備をしてるなあ・・・って。

やだ~カルディナさん♪そんなに褒めて~~
欲しい物、言ってごらんhappy02
な~んて^^
やっぱり大きい目標を楽しむには下準備しないとな~と・・・
なので、7月中旬に稲子湯~根石岳へ。
8月2日にはドンドコ沢から鳳凰三山へ登ったんですけども
登りrain 下山rain で、もう~~~酷かった
歩くの辛くてビバーグ本気で考えた程(笑)
でも、そのおかげで奥穂へは辛くもなく楽しく歩けたのかもしれないですね~
やっぱり若くないので・・・筋トレしとかないと。。。ですよねsweat02

カルさんずの夏休みは今年も9月ですか?
レポ楽しみに待ってまーす( ̄∀ ̄*)イヒッ

投稿: かわみん | 2011年8月22日 (月) 23時21分

sunpalletさ~ん、こんばんは♪
コメントありがとうございます^^

>「パノラマコース」っていう名前のコースがすぐそばにあるので
そこのところ、すこーし紛らわしいかも、です

あっ!そうですね!徳沢へ下りるコースですよね。
確かに紛らわしい!!
言われなかったら気づかなかった~~sweat01
教えてくださって助かりました!ありがとうございますheart02
あとで追記しておきます^^

>朝もうちょっと早く出れば涸沢岳にももうひと登りできたのにな~

はい!!仰るとおりです!
本当に勿体無くって、もっともっと歩きたかったと後悔しました。
3日間つかって1座だけじゃ勿体ないですもんね。
多分・・・また行くのでその時はガシガシ行く!努力をします(笑)

あっ!そうそうpalletさんの黒部湖のお写真。
去年のヤマケイJOYの秋号でした。
ソロテントの特集のところにありました♪
写真だけで見ると、かなりの高度感ですよねsweat01

でも、「虜になる」場所なら・・・是が非でも行かなくては!!

それと・・・北やつはそこそこ写真あるんですが
鳳凰三山のは散々なお天気だったので・・三山だけに・・・苦笑・・・
多分、短いレポになると思いますが頑張って仕上げたいと思います^^

投稿: かわみん | 2011年8月22日 (月) 23時32分

かわみんさん 早くにお返事いただいて。

ほんとにいい写真ですよ~。
涸沢のわくわくどきどき感 よく出てると思うよ~。
登山道のポイントもしっかり押さえてあるし~。
私大好き♪(笑)

何をいただこうかなsmile

きっとかわみんさん 穂高好きになると思ってました。(誰でも好きになるとは思うけどね)

ご質問へ・・・
大昔のことゆえ参考にはならないけど上高地から前穂~奥穂~北穂まで縦走しました。
当時はデジカメではないので写真の枚数も少ないし 当然詳細レポも書いてないので私の備忘録として記録してあります。
お暇なときに覗いてみてくださいな。
2005年以前です。

吊り尾根のことですが記憶ではそんなにたいへんだった覚えは無いです。
スリルを感じたところが1~2ヶ所くらいあったかな。
重太郎新道も岳沢ヒュッテに泊まったのであっけないくらいでした。
天候さえ安定していれば注意して歩けばかわみんさん 大丈夫・・と思います。
難しいところはなかったと記憶していますが。

涸沢岳から北穂はちと誰にでも大丈夫とは言えないかなあ。
怖がらずに3点支持が身についていたら大丈夫と思います。
びびることと人の多いときは要注意と思いますが、どんなときにどんなことが起きるか想像ができるくらい岩場に慣れてから出かけることを勧めます。

大キレットは通過していません。
3~4年前 大キレットを通過して岩場の山をお終いにしようと思ったのに台風のお陰で2年続けて流れたので、これは来るな!ということなんだとあきらめましたbearing
西穂からジャンダルムは私の世界ではないと始めから行くつもりはなかったです。

鳳凰はドンドコ沢からだったのね。
やはりかわみんさんは健脚です。
岩場の山をたくさん経験して いつの日か ぜひ!大キレット通過してください。

投稿: カルディナ | 2011年8月23日 (火) 00時38分

奥穂登頂おめでとう!
天気に恵まれてよかったですね。
しばらく?見ないうちにR太郎君もずいぶん大きくなったように見えますが。
その若さから穂高を歩けるとは、シアワセですよね~。

話は変わりますが、帽子、今年もオソロかも(笑)色違いで。
サイズもLサイズが合ってデカ頭の私にはぴったりだし、これはしわにならなくて良いですね~。
A×GLEのも好きだけど(今年イイのでなかったね)、しわになってしまうので、電車の中ではザックの外にぶら下げておかなければならないのが辛かったのですが、これは最強!無造作にザックに入れておいても全然しわにならない!
ORの小物は安価なのに機能的で良いですよね~。

投稿: cyu2 | 2011年8月23日 (火) 13時02分

いいなあ、オクホ。
我が家も一日で涸沢まで行けるようになったら、絶対に登ってみたいです。
スーパー快晴だったら涸沢にテントもデポして奥穂山荘で一泊(笑)

このレポの写真、とても好きな構図が多くてうっとり^^
ありがとうです。

投稿: でっぱ | 2011年8月23日 (火) 18時02分

おぉぉぉぉぉぉぉ
くぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ
ほぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉーーーーー!

毎度、失礼致しました。

奥穂登頂おめでとうございます。
かわみんさんが奥穂を好きになってくれて嬉しいです。
私の山じゃないけど・・・。coldsweats01

吊尾根、
かわみんさんは歩きも気持も余裕があるから、安定した天候のときに歩けば大丈夫ですよぉ。
でも、強風や足場が濡れているときは避けた方がいいかもしれません。
私は岳沢からあがって、涸沢に下りるルートが好きです。

投稿: ヒサ | 2011年8月23日 (火) 20時08分

かわみんさん こんばんは。
R太郎くん、立派な少年?青年?になりましたね。
いっしょに歩けるなんて、嬉しいですねー。
そして、天気の安定しない今年、きれいな青空をひきあてて
かわみんさんの日頃の行いがいいんだわ♪

私も一昨年、同じコースでしたが
ザイテングラードから見た涸沢が大好きです。
いいお天気でよかったですね。

投稿: はなねこ | 2011年8月23日 (火) 21時08分

sunカルディナさ~ん!再びありがとうございます♪

あらあら?また大サービスですねhappy01
写真、気に入って下さって嬉しいです^^

ところで吊尾根、涸沢岳~北穂の情報、ありがとうございました^^
私のスキル、根性、体力を考えると、大キレットは夢の様な話で
ジャンダルムについては、私が歩く場所と思っていないです。
クライミングのスキルなんでな~~んにもないもーん
それ以前に、高所恐怖症は立ち入り禁止なんです(笑)

で・・・そうですか。前穂。大丈夫ですか・・・。
快晴に限ったらなんとか大丈夫そうですか・・・。
なるほどぉ・・・歩いてみたい・・・。
前穂、吊尾根に限らず、ザイディングラートでも雨だったら私は歩けないかもしれないですから
天候の良い日を狙って行くしかないですよね。

私、今回の奥穂山行を決めてから、色んな方の記事を読みました。
で、たまたま読んだ記事に、『北穂~涸沢岳が怖くて足がすくんだ』
みたいな事が書いてあったんですよ。
それで、涸沢岳~北穂間は、かなり難儀なルートなんだろうな~と予測はしてました。
そうですか・・・やっぱりびびっちゃったら無理ですか。そりゃそうですよね・・・
奥穂降りた後涸沢岳と北穂はピストンで考えた方が
身の丈にあってるかもしれないです。
もうちょっと岩場に慣れないと挑戦出来ない感じですね~
カルディナさんの過去記事、漁ってみます(笑)

それからジャンダルム。ですよね~?
私にとっても同じです。
踏み入れてはならない場所だと思ってます。
勿論、踏み入りたいとも思ってませんが(笑)

あっ!そうそう!!
ドンドコ沢からで健脚とな!!??
いえいえ、健脚なら登ってる最中、歩きたくない為に
ビバーグ出来る場所を探すことはないですよ~(笑)
『歩かなくて良いなら遭難してもいいっ!』
くらい思った程、ノックアウト状態だったんですもん。
本当の健脚さんは、あの程度のお山、○でもないですよ~きっと♪

投稿: かわみん | 2011年8月23日 (火) 21時55分

suncyu2さ~ん、こんばんは☆彡
コメントありがとうございます^^

奥穂、登頂しちゃいました!嬉しかったです。
でも、奥穂高岳山荘から山頂までは、最初の梯子と鎖場は怖かったけど
その後は普通~~に歩けるので、あっけない感じで登頂!でした。
ザイテングラートの方がよっぽど真剣に登ったって感じがします。

R太郎は中1~の1年間で、10センチ以上程身長が伸び
あっと言う間に私の身長は抜かれてしまいました。
それなのに顔の大きさが私の半分しかないってのがより悲しいです(笑)
いや~ほんと、あの年で奥穂に連れて行ってもらえるなんて幸せですよね~。
でも、本人はそうは感じてないみたいなのが悔しいーですsweat01

ところで・・・およよ?帽子一緒でしたか~~?
乾徳山では被ってました??
どうもほっかむりに目が行ってしまってて、気づきませんでした^^
そうそう!今年のエー○ルの帽子はイマイチでしたよね?
去年ヒットがあっただけに残念でしたけども
ORで可愛いのがあったから却ってよかったかもです。
私のいつも被ってる白いのもORなんですが
丸めても皺にならないし軽いし、被りやすくって良いですよね♪
cyu2さんのはグレー??ブルー?

全然関係ない話なんですが
今日、初めて睫毛パーマかけました。
ビューラーであげたのと比べ物にならない程、綺麗にカールしてる睫毛に目を疑いました。
いや~今の技術って凄いですよね~~ビックリshine

投稿: かわみん | 2011年8月23日 (火) 23時21分

sunでっぱさ~ん♪こんばんはー
コメントありがとうございます^^

>我が家も一日で涸沢まで行けるようになったら、絶対に登ってみたいです。
スーパー快晴だったら涸沢にテントもデポして奥穂山荘で一泊(笑)

空ちゃん、何年生になったんでしたっけ?3年生くらいでしたか?
上高地~涸沢まで約6時間。なかなかロングコースですよね。
横尾まではほぼ平坦な道だし、横尾から涸沢だって大して高度をあげない
だから大して疲れないだろう~と思ったんですけれど
大きな間違いだったし・・・
R太郎が中学に上がってから「ねぇ、まーだー??」
と山頂はまだか!!攻撃が無くなってましたが
今回はさすがに聞かれました・・・sweat01

奥穂山荘泊もいいですよね~~
内部がとっても綺麗で、トイレも水洗なんですよね?
わたしも泊まって見たいです♪

>このレポの写真、とても好きな構図が多くてうっとり

きゃ~また師匠に褒められてしまったー!ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!
一眼がなくても充分!って思えるので嬉しいです♪
ありがとうございましたshine

投稿: かわみん | 2011年8月23日 (火) 23時32分

sunヒサさ~~ん! はなねこさ~~ん!

コメントありがとうございました
今日は、只今睡魔と闘ってる最中であります。
どうやら勝てそうにないので、コメントのお返事は明日させてください。

ではでは・・・寝ます!(*ノД`*)オヤスミー

投稿: かわみん | 2011年8月23日 (火) 23時35分

sunヒサさ~ん、ただいまー♪
雄叫び、ありがとうございます(笑)


ヒサさんのお山、穂高へ行かせて頂きました(笑)
やっぱり行って見ないことには良いのか悪いのかなんてわからないですよね。
激混みの涸沢に、尻込みしてるところはあったんですが
何故あんなにみんなを虜にするのか?行って初めて知りました。
ホキャ貧な私には言葉で上手く説明出来ないけれど
大きな自然に包まれる感とか雄大な山の麓に膝まづいてる感じと言うか
岩の殿堂と名を打つくらいのゴツゴツした山肌とはうって変わる
綺麗な山野草の花々。
ホントにホントに又行きたくなる。明日も明後日も登りたくなる山でした。


うんうん、なるほど・・・
岳沢~前穂~奥穂で涸沢へ・・・ですね??
奥穂から前穂へ行くより逆からの方が気持ち的に楽かなぁ??
私の場合、やっぱり高所恐怖症が顔を覗かせるのが1番怖くて
精神的なところが一番心配なのです。
穂高の山々の中で、私が登れる山はごく限られた数座だけなので
登れそうならば登ってみたいです。

そうそう、今回は徳沢でキャンプが出来ず、それが心残りでしたweep
また今度行こう~~っと♪

投稿: かわみん | 2011年8月24日 (水) 13時57分

sunはなねこさ~ん♪こんにちは^^
コメントありがとうございます♪

R太郎、はい!すっかり大きくなりました(笑)
去年の4月~1年間で10センチ以上身長が伸びたんですよ~~
立派かどうかのコメントは控えさえて頂きますが(愚痴が出るので 笑)
数年前まで、鎖場では鎖に頼りきった歩き方しか出来なかったのに
今年は3点確保もしっかり出来て、梯子も鎖も難なくスルー。
やっぱり若いって凄いなーと思いました。

>ザイテングラードから見た涸沢が大好きです。

私もです^^
上から見ると、カールの緩やかなカーブ
ヒュッテの赤い屋根と緑と雪渓の白。
それが筋状に入組んでてとっても綺麗でした。
今まで見たことのない不思議な空間で、あそこだけ別世界の様に感じました。

また行きたいです。
紅葉の時期か、ハクサンイチゲの咲く頃にheart02

あ~~でも他にも登りたい山がありすぎて
もう泣きたくなっちゃう~~happy02って笑ってるし(笑)

投稿: かわみん | 2011年8月24日 (水) 14時07分

遅くなっちゃった(また山に行ってました…雨のね)けど
レポ読んだよ~!

良かったねェ 家族で一緒にまた歩けて(^_^)v
こちらまで嬉しくなったよん おめでと~!
そして 奥穂登頂なんて 凄い~嬉しいよね~♪

なかなか近づかない涸沢だけど やっぱり行かなきゃだねェ
気持ち良さそうで羨ましくなったよ!
R太郎くん 背が伸びたね すらっとスマート羨ましいよ

そう お揃いのOーグルの帽子 私失くしちゃったんだ(涙)
シウマイ 大好き それも羨ましいな!
って 私お腹空いているんのかなぁ…

続きも待ってるよん(*^_^*)
眉毛パーマの写真も見たいよ(笑)

投稿: 矢車草@仕事中 | 2011年8月24日 (水) 16時45分

sun矢車草さ~ん♪お帰り~&コメントありがとう♪

家族揃って歩くのは2月(だったかな?)の檜洞丸以来。
R太郎の部活がほぼ毎日あるしね、年に1~2回一緒に山行ければ◎と思ってます^^

奥穂登頂、とっても嬉しかったけど
どっちかっていうとね、ザイテングラートを登りきって奥穂小屋に着いた時の方が感激大きかった(笑)
もし晴れてたら全然感動も違ったんだろうけどもhappy01

矢車草さん達なら、あっけなく登頂出来ると思うよ~
私とは体力が全然違うし、やっぱりいつも山行ってて
身体出来てるもの。ほーんと羨ましいよ~~lovely

>そう お揃いのOーグルの帽子 私失くしちゃったんだ(涙

あ~そう言えば前に言ってたね??
あの帽子可愛いのにね~残念sweat02
今年の帽子はもしかして、ご主人とオソロ??smileいひひ
それからね、崎陽軒のシウマイ。真空パックのもあるの。
ビニールから開けた時にちょっと臭うけど(ホタテ臭い??)
味は変わらぬ美味しさでしたよ~good

続きね・・・頑張る!でもなんとなくね
穂高登頂で完結しちゃった感あるでしょ?(笑)
あとは上高地までの話だしさー
きっと詰まんないよ(〃^∇^)o_彡☆あははははっ

>眉毛パーマの写真も見たいよ(笑)

怖いもの見たさ?happy02うふふ
でもね、最近の技術?って凄いね~~~
ほ~んとに綺麗にカールしてるの。
顔を洗って濡れた時見るとね、まつ毛がちょっと束になってて
付けまつ毛みたいに綺麗なんだよーーー
すっごいよね!今の技術!!
化粧しなくても目元明るくなるし、絶対お勧めgood
矢車草さんもやってみたら?^^

投稿: かわみん | 2011年8月24日 (水) 22時30分

かわみんさん~
ナマステー(^_-)-☆

とうとうやりましたねっ!!
おめでとーございます~\(^o^)/

それにしても贅沢なご飯だことw
持ってくの一苦労だったのではと。
しかもシウマイを持ってく行くなんて
神奈川県民の鏡でございます。

と、ついついラーメンとか食べ物に目が入ってしまいますが
奥穂の山頂はなんか独特ですよね~
かわみんさんの感動もとても伝わってきたでやんすよ。
夏の北アは午前中が勝負なんですよねぇ
ほんと後30分早く着いていたら絶景だったのに・・・
とかしょんぼりすること多しです。
(って言うほど僕らは登っていませんが・・・。)
でも良いんです!無事に帰って来て、またみんなで登りに行ければよいのです!!
幸せいっぱい胸いっぱいのブログ Thanks!
きっと山頂の画像はあと何十年経った後に見ても
ほんわかと笑顔がでちゃう思い出の品になるんじゃないかなと思います~。
よく頑張りましたでShow!!

追伸:明神のソースかつ丼がメニューからなくなってたんですよ・・・。

投稿: 岳猿 | 2011年8月28日 (日) 14時33分

sun岳猿さ~~ん!ナマステ♪
コメントありがとうございます~^^

>とうとうやりましたねっ!!
おめでとーございます~\(^o^)/


わーい!ありがとうございまーす!!
無事に登れたのは岳猿さんのレポのおかげですよ~!
詳しく画像をうぷしていただけたんでイメージし易かったです。
岳猿さんが教えてくれた通り、奥穂小屋から上はやっぱり取り付きだけが怖かったです。
でもベテランさんが多かったみたいで、すれ違いする時も
私達を安全な方へ誘導してくださったり、ラッキーでした♪
ものすごーく構えて歩き始めたけども、怖かった~~って印象じゃなくて
面白かった~~♪って印象の方が強く残ってましたyo♪

>しかもシウマイを持ってく行くなんて
神奈川県民の鏡でございます

へへへ♪やっぱり崎陽軒は外せないでしょw
真空パックだから常温保存で12月までOK♪って言われたので
こりゃ持って行くっきゃないでしょー!と持参したのでしたgood

>奥穂の山頂はなんか独特ですよね~

うんうん、不思議な感じでした。
天空の世界ですから一種独特な雰囲気。
私達が居た時は周りがガスで見えなかったって言うのもあるんだけど。
異次元の空間みたい。
けど、祠の上に上るのに順番待ちをしてる時は何故かリアルな感じでしたけどw

それから実際山頂ってどこよ?って思いませんでした??
祠が山頂?それとも方位盤が山頂??それともその下?
と頭の中が「?」でいっぱいでしたよー
そうそう!涸沢側が高くなってて飛騨側に落ちてる感じでしょう?
だからテン場から奥穂見たときって、どこが山頂なんだかわかりませんでした・・・


>夏の北アは午前中が勝負なんですよねぇ
ほんと後30分早く着いていたら絶景だったのに・・・

ホントですよねー
北アに限らず、ほかもそうなのかもしれないけど
ザイテンに取り付く頃には、山頂はすっかりガスの中でしたもん。
予定通り、6時に登り始めていれば、多分。ジャンダルムも槍も見えたんではないかな~?
とすんごいショックだった・・・
まぁ、9時半には穂高の山全体にガスがかかってたから
6時出発でも間に合わなかったかな?
次、いつ行けるかわからないけど
絶対みたいな~~槍ヶ岳。ほんとにー山の上から拝みたいです^^

>追伸:明神のソースかつ丼がメニューからなくなってたんですよ・・・。

おーーそうなんですよーー!もう大ショックでしたcrying
あれ??それを知ってるってことは、上高地入りしましたね???
もしや。。。槍さま??きゃー(≧∇≦)
うちの次回の上高地入りは・・・また涸沢か・・
岳沢か??うーん悩むぅ~

投稿: かわみん | 2011年8月28日 (日) 20時51分

かわみんさん、はじめまして、ゆうと申します

今回同じ時期に奥穂を目指していたのを拝見し
思わすコメントをさせて頂きました

かわみんさんのブログはかなり前に読んでいる時が
あったのですが、途中PCを変えてしまってから
かわみんさんのブログにたどり着くことができずにいたんです

それで今回奥穂で検索してたら、どこかで見たことのあるブログだなぁと思っていたら、かわみんさんのブログだと気付き、またかわみんさんのブログと出会えたことと同じく奥穂に登っていたんだなぁと思い、思わずコメントをしてしまいました

どの写真もとっても素敵ですね
いい天気でよかったですね
私が涸沢に降りてきた日は天気が悪かったので
目の前にこんな景色が広がっていたなんて、、、

でも奥穂の展望は残念でしたね
我が家も同じでしたsweat02

かわみんさんも穂高岳山荘脇からの取り付きが怖かったと書いてありましたね
私はかわみんさんと逆で下りがとっても怖かったです
同じ思いをしてたんですね

長々と書いてしまってすいません
かわみんさんのブログはとっても楽しいので
またちょくちょく遊びにきますね(*^-^)


投稿: ゆう | 2011年9月17日 (土) 00時43分

sunゆうさ~ん♪初めまして~~
私の拙いブログにいらして下さって嬉しいです♪ありがとうございますshine

>かわみんさんのブログはかなり前に読んでいる時が
あったのですが、途中PCを変えてしまってから
かわみんさんのブログにたどり着くことができずにいたんです

わぁ~そうだったんですか?
でも又こうして私のブログへ来てくださった事
偶然とは言え、とっても嬉しいです^^

そしてゆうさんも同時期に奥穂に登られてたんですね~?
わー、同志って感じでこれも又嬉しいです^^
同じような場所で同じように感じたり思ったり出来るって中々ないですもんね。
『そうそう!そうだった~~』と同級生と昔話で盛り上がるみたいな
そんな感動や感激、がっくりしたことを共有出来るって嬉しいですhappy01
ところで やっぱり奥穂小屋の取り付き怖かったですよね~?
実際はそんなに長くないし高所が怖くない人にとってはどうって事ないんでしょうけど
私は梯子より鎖場が怖くって『落ちたら結構な怪我するよな~sweat01
なんて空想し始めたら たまらなかったです(笑)
で、下るほうが絶対怖いんだろうな~と最初は思ってたんですけれど
下ってみたら アレレ??って感じでスルスルと下りてしまってました。
もしかしたら、下り初めの梯子を降りたところで渋滞していて
登ってくる人を何組も待った為 気持ちに余裕が出来たのかもしれませんhappy01

>どの写真もとっても素敵ですね

えへへ^^ありがとうございます♪
そう言って頂けると写真を『これでもかー』と貼った甲斐がありました(笑)

>私が涸沢に降りてきた日は天気が悪かったので
目の前にこんな景色が広がっていたなんて、、、
でも奥穂の展望は残念でしたね
我が家も同じでした

あらあら、そうだったんですか?涸沢もお天気悪かったですか?
それはとっても残念ですsweat02
私が行った時、涸沢に居る時の朝では雲ひとつもない位な快晴でした
でも2日目は9時半には雲だらけ
3日目も徳沢に着く頃には雲だらけになってました。
アルプスのお山はキマグレンですよね^^
夜明けと共に歩き出せればいいんですけれど、我が家の場合
ついついまったりモードになってしまって、いつも出発が遅くなって天気が悪い頃に登頂ってパターンがとっても多いですw
奥穂の山頂ではジャンダルムを見るのと、槍ヶ岳の眺望をと~~っても楽しみにしてたので(槍ヶ岳は去年も見れなかった涙)
本当に残念でした。

>かわみんさんのブログはとっても楽しいので
またちょくちょく遊びにきますね(*^-^)

え~~?ホントですか~?
お世辞でも嬉しいです~~heart04
ブログやっててヨカッタ~♪と思っちゃいます^^
文章力もなく、常にズタボロなレポばっかりですが
また是非いらしてください(*^o^*)
今日は来てくださってコメント入れて頂けて本当~~に嬉しかったです!
ありがとうございましたup

投稿: かわみん | 2011年9月17日 (土) 14時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538400/52530255

この記事へのトラックバック一覧です: 夏はアルプス!奥穂高岳  涸沢~奥穂高岳編:

« 夏はアルプス!奥穂高岳  上高地~涸沢編 | トップページ | 夏はアルプス!奥穂高岳 涸沢~上高地編 »