« 風雨に耐えた蝶ヶ岳 -中編- | トップページ | 山から下りたら温泉 -上高地帰り編- »

2010年9月 2日 (木)

風雨に耐えた蝶ヶ岳 -後編-

Img_1620_convert_20100903131044

これまでの話 プロローグはこちらから♪   

              前編はこちらから♪

             中編はこちらから♪

そう、穂高連峰に夜の幕が下りるのと一緒に
ワタシも深い眠りについた・・・・

筈だった。

   ******************************************************

一度寝ると、地震が起きてもおきないワタシだが
ものすごーい音で目が覚めた。

バタバタバタバタ

まるで誰かが板でテントを思いっきり叩いてるみたい。
犯人は風。しかも半端無い強風。テントが揺れるんだもん。
このまま吹っ飛んでしまうんじゃないかと、妄想駆け巡り
そうなると目が冴えちゃって寝れなくなるし・・・
GWの駒出池キャンプでのテント吹っ飛び事件を思い出すし。
昨年末の富士山の事故も思い出すし。

3人用のテントに3人で寝てるんだから絶対飛ばないと思いつつも
ぶわぁ~~っと風が吹くとテントの端が浮くんだもん!
もう~~生きた心地しないのである。
マジで怖いです。はい。

しかーし、外からは全く声がしない。誰も気にしてないの?
この位は稜線上では当たり前で、どってことないってこと?
色々と考えた所で寝袋の中でイモ虫状態でいる以上、何も出来ないし・・・
考えても無駄ってことで寝ることにした。

そして・・・朝だ。
風は止んだらしく風の音よりも、早立ちの方のテン場を歩く音や、
話し声の方がよっぽど大きい。
ちょっと皆声大きくない?小屋の中ほど迷惑じゃないんだろうけど
でも、小声で話すくらいの配慮があってもなぁ~なんて思ったり・・・

まぁそのおかげで目が覚めたからいっか。
で・・・モルゲンロートに染まる穂高連峰を・・・と思ったら

Img_0766_convert_20100902165941

どよ~~ん

どうやらモルゲンロートに染まる穂高連峰は望めそうにない予感。

そうこうしている内に東の空が赤くなりつつあった。

Img_0762_convert_20100901132404
                     蝶ヶ岳から見る 日の出

丁度真ん中に居座っている帯状の雲が消えてくれればな。

Img_0768_convert_20100901131755
                      金色に染まる安曇野

Img_0769_convert_20100901175316
                    うっすらと光を浴びる常念岳

なんだかんだと小1時間。
スカ~っと晴れて朝陽を浴びる山々を見たかったけれど
これもまたお預けという事になった。

只今の時刻、5:27
時間も丁度いいし、テントに戻って朝御飯の準備をする。

今朝のご飯

Img_0770_convert_20100901175340Img_0771_convert_20100901175405

         おこげ                フォー

えっとーおこげ類は、グリ○のおこげと無印のおこげ。
で、味は無印の勝ち。
もう一つ、無印のベトナム風フォーは・・・うーん・・・・
エスニック料理が好きな方は好きな味かもしれないけど
ワタシは。。。もう買わない。w

さくっと食べ終わって、やることないのでテント撤収。
雲も切れないし下山することに。
眺望を楽しむ事は出来なかったけど、またいつか来る日の為にとっておこう。
水を2㍑買って、蝶ヶ岳ヒュッテを後にする。

Img_0772_convert_20100901175500Img_0773_convert_20100901175639

今日は横尾へ下りるので、瞑想の丘を通り蝶槍方面・横尾分岐まで
しばし稜線歩きを楽しむ。

Img_0774_convert_20100901175726
                  わぁ~綺麗~~☆

Img_1624_convert_20100902183712

Img_1631_convert_20100901181451

このまま常念方面まで行きたーい!
けど・・・今回は横尾へ下りていきます。

Img_0780_convert_20100901175839

下りていくと、もうすぐそこから樹林帯らしい。くはーsweat01

Img_1639_convert_20100901181037

あとはひたすら横尾まで膝に堪える急な下り道。
けど、徳沢~長塀山までのように不明瞭な場所は無し。
こちらは黄色のペンキで印が沢山つけられておりました。

蝶ヶ岳を出発して約2時間半。 
10:47 横尾到着。

Img_0787_convert_20100901180123

わぁ~左へ行くと槍ヶ岳だって。ワタシもいつの日か・・・

そして1昨年リニューアルした横尾山荘

Img_1649_convert_20100901181110

朝ご飯が軽かったから、ちょっとシャリバテ気味なんで
少し早いけど横尾山荘でお昼ご飯を。

Img_0788_convert_20100901180222

3人ともラーメン  まいう~♪

ラーメン食べ終えたら横尾大橋の周りを探索。
涸沢方面から、槍方面からザックにヘルメットやザイルを付けてる方が
結構いますね~北鎌尾根とかジャンダルムとかやってきたんでしょうかねぇ~
ヘルメット付けてるだけで『スゴッ』って思ってしまう。

ちょっと休憩長すぎたかな?
2日前はザーザー降りの雨の中を上高地から歩いた。
こんなに緑が綺麗だったなんて全く気づかなかったな。

Img_0795_convert_20100902230535_2

                       緑が眩しい

Img_0802_convert_20100901181316
                        新村橋

1日目はうつむき加減で歩いていたけど、今日は上を向いて歩いてる。
ついつい寄り道も多くなってしまうね。

横尾から1時間。

Img_0803_convert_20100901184317

木立の向こうに徳澤園が見えてきた。
さっきラーメン食べたから、今度はデザート~楽しみにしてたんだ♪コレ

Img_0453_convert_20100901175218

えぇ。勿論、徳澤園名物。ソフトクリームでござる!
ここでものんびり。

Img_1672_convert_20100901180758

水面下では凄い勢いで水をかいているマガモ君。

Img_1675_convert_20100827180248

ナスタチウムのハンギング

Img_1677_convert_20100901180527

こげ茶色の建物に赤と黄色のナスタチウムが映えてるね

Img_0810_convert_20100901184351

また絶対来るよ、徳澤園

Img_1679_convert_20100901180500
           さすがに今日はテントもまばらな徳沢キャンプ場

Img_0816_convert_20100902232812
後ろ髪引かれつつ、徳沢キャンプ場を後にする。

Img_1691_convert_20100901180414

木漏れ日の下、上高地バスターミナルへと向かう。

1日目はザーザー降りの雨の中、ガックリ肩を落とし
2日目の夜は、強風に震え
1番見たかった星空も、槍さまにも会えなかったけど
何故だか充実感いっぱいだった。

今度は絶対、晴れた日に行くぞー!

おしまい。

◆ 徳沢キャンプ場 ◆

キャンプ申し込みは徳澤園で。幕営料 500円/1人
すぐそばに綺麗な水場あり。トイレ、水洗。洋式アリ。

◆ 蝶ヶ岳ヒュッテ テント場 ◆

幕営料 500円/1人  トイレ旧式だけど綺麗。
水場無し。水は蝶ヶ岳ヒュッテで 150円/1㍑
因みにペプシコーラ 400円 スーパードライ350ml 500円

|

« 風雨に耐えた蝶ヶ岳 -中編- | トップページ | 山から下りたら温泉 -上高地帰り編- »

山登り」カテゴリの記事

コメント

おおおおおー!

かわみんさん、up早いじゃないですかー!!
約束が違うっ!!

・・・約束してないか。 coldsweats01

蝶ヶ岳は強風で有名ですからねー。
風の通り道ですからねー。

今年は一日晴れるってことが少ないですね。
もちろん山では午後から天気は変わりますけど、
今年はガスがあがってくる時間も早いし、雲も出やすい気がします。
やっぱり高温のせいでしょうか。
秋は台風が増えるかもしれないと今夜の天気予報で言ってました。 weep

おー、徳澤園のソフトクリーム!
私、売っておりました。
で、よく失敗作をつくって、お客様から
「いいよ、いいよ。味は同じだからさ」
と慰められておりました。
あー、甘くて苦い青春の思い出・・・。 coldsweats01

徳沢行きたくなっちゃった。
いつか、徳沢のテン場でかわみんさんと相撲とりたい・・・いや、違うっ! coldsweats02
かわみんさんとキャンプしたい。

投稿: ヒサ | 2010年9月 3日 (金) 20時49分

cloverヒサさ~ん、こんばんは♪&コメントありがとー☆

へへへ。頑張っちゃいました!
やっつけ仕事的ないい加減なレポですけどもねsweat01
やっぱりね、同じ山行で4つ目ともなると、もう力がはいらなくてw
写真ペタペタ貼り付けるだけで終わっちゃったhappy02

ところで天候のことだけれど、
そうなんだ~猛暑が続いてるのが大気を不安定にさせてる要因の一つなのね?
温暖化とかも関係あるのよね、きっと。
出来るだけエコに心がけなきゃね。
SAでエンジンかけたままの駐車はご法度だわねー
しかしながら、夏は猛暑と天候不安定で
秋は台風かい~~sweat01ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!

ヒサさん、徳澤園でソフトクリームも作ってたのね?
失敗って・・・ソフトクリームって作るのむじゅいの?w
でも、ヒサさんみたいな可愛い子が小屋にいたら
徳澤園の売り上げすごかったんだろーねー^^
あれ?もしや?相方さんとの出会いは徳澤園?heart04むふー

やだ。。。ワタシが最近、最高に太ったのを何故ご存知?w
相撲なら負けないわよhappy02
冗談はさて置き、徳沢で一緒にキャンプしたいね~
いつか・・・きっと!・・・ね?shine

投稿: かわみん | 2010年9月 3日 (金) 21時35分

お疲れさまでした!

もっとお天気が悪いのかとおもってました。
いろいろそれなりに楽しめたようで良かったですね。

私はどか~んとでかい穂高がすっきり見えたのは3回目でしたよ~。
また ぜひお出かけくださいhappy01

夕暮れの穂高が見えた写真 涙が出そう・・・
こんな景色を見るために山の上で泊まるほどこの瞬間が大好きです。
日の出より好きかも?

投稿: カルディナ | 2010年9月 3日 (金) 22時32分

cloverカルディナさ~ん、こんにちは♪
コメントありがとうございます^^

あ、もっと凄い天気をご希望でしたか?(笑)
確かに、タイトル程凄くなかったのかも?^^;
自分的には上高地~徳沢までのザーザー降りで
かなり気持ちが萎えてまして、『蝶ヶ岳登らなくても いいや』
位凹んでたのと
蝶ヶ岳での夜の強風が半端なかったんですよ~
文字にすると大したことなく読めるんだけど
ワタシ的にはかなり怖かったので・・・
安曇野側に落ちたらどーしよーsweat01
って。実際には風が安曇野側から吹いてたんで
落ちる事ないんですけども(笑)
まーなんていいますか、喉もと過ぎれば何とやらで
夕焼けも見れたし、帰る日にはすこ~しだけ青い空が見れだし
終わってみたら雨も強風も良い思い出。なんですねhappy01えへへー

で・・・カルディナさんが蝶ヶ岳行った時は3度目の正直だったんですか?
そっかぁ、やっぱりちょっとやそっとじゃお顔を拝見出来ないってことなんですね~
槍さまなんて、下から上まですっぽりお隠れでしたから。
ドーン!な穂高が見れるまで、足しげく通いますです♪
そして夕暮れの穂高。
ホントに暮れる寸前だったので、辺りは真っ暗で
穂高の南に月が明かりを照らしていて、
穂高の1日が終わる、荘厳な儀式のような情景でした。
夜明けは、心浮き立つ感じなので、感じ方が全く違いますよね。
今度は満天の星空も見たいなぁ~~あ~ワタシったら欲張りbleah

カルディナさんは秋のお山の予定は決まりましたか?
素敵なレポ楽しみにしてますね^^

投稿: かわみん | 2010年9月 4日 (土) 12時43分

かわみんさ~ん、こんにちは♪

夕日だけじゃなくって、朝日まで見れて・・・
雨にも降られず(一日目は酷かったもんね)
まずまずの蝶日和だったんじゃないかな(*^_^*)
R太郎君の心にも残った夏山になったことでしょう!

でも、夜中じゅう風との戦いって・・・キツイね。
眠れない夜って長いもんね。早く朝にならないかって思うよね。
テントごと飛んじゃうってあるのかなぁ・・・。
台風とかだと車倒されたりもするもんね。
あ~ホント、かわみん家が無事で良かったです❤

ラーメンにソフトクリームにと美味しそうなものばかり!
無事に下ってこれた後に食べたらますます美味しく感じるよね。

テント泊だと自然といつも隣り合わせ。
大変な事もあるけど、自然を肌で感じられる貴重な時間だね。

地上だとこのいつまでも続く暑さ・・・自然を受け入れられないけど。
色々盛り沢山の夏山JOYだったね。
次は何処行く~?

私も蝶行きたくなっちゃったなぁ。
いつか挑戦するぞ~その時はアドバイス頼むね♪

投稿: 矢車草 | 2010年9月 5日 (日) 12時59分

clover矢車草さーん こんにちはー♪
コメントありがとう☆

返事遅くなってごめんね。
ちょっとバタバタしておりますです。
また夕方か夜にでもお返事します。ごめんねm(_ _)m

投稿: かわみん | 2010年9月 6日 (月) 14時46分

clover矢車草さーん、遅くなりましたー
ごめんなさいm(_ _)m

蝶ヶ岳、そうなのです。
結果的に、朝陽も夕陽も見れちゃったんですね~
でもー・・・夕陽も落ちる寸前。
朝陽はあの時だけで、あの後はどっぷり雲に覆われて
横尾に着くまでお日様は拝めなかったのです。
でもまぁ、あれだけ天候が不安定な時期でも
両方拝めたってだけでもOKですよね~^^

それと、テン場のお話。
どこの稜線上のテン場もそうなんだろうけど
風当たり強いのなんのって、結構怖いよね~
昨年末、片山右京さんの富士山の冬期訓練?で
同行者の方のテント飛んだ事故があったでしょう?
富士山の強風とは比較にならないかもしれないけど
頭の中それでいっぱいになっちゃって色んなこと妄想しちゃった。
そんな思いしてもテン泊は楽しいから止められないんだけどhappy02

横尾のラーメンは美味しいよー叉焼2枚も入っててグー♪
それに軽いシャリバテだったからバクバク食べちゃいました。
あと、徳澤園でソフトクリーム食べるのは長年の夢(笑)だったから
最高に美味しく感じました!むふheart02
周りにいるほとんどの人が、食べてた!さすが人気メニュー!
そうそう、美味しく感じると言えば
なんと言ってもコーラw
もうコレなしに山は始まらない、終わらないねw
疲れた時のコーラの美味しさったら半端ないわ。

矢車草さんチームが蝶へ行く時は、ヘタレアドバイスでよければ・・・
いつでもアドバイス致しますぞ~♪
でも、上高地からだときっとご主人さまが物足りないかもよ~
三股~常念とぐるりっぷするのがいいかもね♪

あ~~もう秋山だよ~!
R太郎置いて山行くか、我慢するか家族会議中ーw
矢車草さんちは?どうする??

投稿: かわみん | 2010年9月 7日 (火) 15時10分

こんばんは。


今回も楽しく読ませて頂きました!

僕も蝶ヶ岳からの穂高連邦が見たくて
テント担いで登るのが憧れでいますがなかなかなタイミングが合わず。。。

やはりあそこの稜線で風が吹くと半端なさそうですね!!
涸沢での初テント泊の時同じく風が強くて必死でテントを押さえていました。

徳沢でのテント泊も良いですね!
今週末は迷った結果上高地の小梨平でテント張って
のんびりしようと思います!


投稿: niwa | 2010年9月10日 (金) 22時14分

cloverniwaくーん!こんばんは♪コメントありがとう☆

そうそう!蝶ヶ岳と言ったら穂高連峰眺望の山!
ですもんね♪
我が家はR太郎の休みがなくて、この3日間しか
まとめて休みがなかったので決行しましたけれど
どうせ行くなら、天気図と睨めっこして
快晴を引き当てて行った方がいいですよ~~
穂高の山を見れたのは夕暮れ時のほんの数分間だけでしたが
とっても感動しました☆

それから風。涸沢でも強いんですか?ほぉぉー
大きい山に囲まれてるから大丈夫なのかなぁ?と勘違いしてました^^;
確かに、3000m級の山からの吹き下ろしの風は凄そうです。
ワタシなんて、テントが飛ぶんじゃないかとビビリまくりでして
『仰向けで寝て面で支えるより、横向きで寝て、小さい面で抑えた方が
テントへより加重がかかってテントが浮かないんじゃないか?』
とか色んなこと考えて
シュラフに入りながらもぞもぞやっておりましたw

それと・・・え~??小梨平でのんびり??
わあぁ~いいなぁ~shineそれって超贅沢~^^
是非是非梓川のサイトをGEtして、穂高を眺めながら
まったりしてくださいまし♪
ガシガシ山を歩くのも良いけど、サイトでまったりのんびり
キャンプを自然を楽しむってのも最高ですよね♪
上高地、最新情報をお待ちしておりまーす☆

投稿: かわみん | 2010年9月11日 (土) 20時44分

かわみんさま。遅レスですみませんsweat01
はちみつ食べてないのにお腹がぷーさん、岳猿です。
ええ、まだ痩せてませんけど何か?

蝶ヶ岳>前/中/後~っと読ませていただきました~。

んで、一個一個レスつけちゃうと荒らしかコノヤローバカヤローって思われちゃうので
一挙にこちらに書かせてもらう次第でございます。

まずは~明神館>ソースかつ丼wぷぷぷ。でましたー!!!まってましたー!good
もうね、素晴らしい。わたくしカツ丼見るたびにかわみんさんを思い出してしまいます。
そろそろ夢でうなされそうですw。明神館に行ったら自分もトライしてレポりたいと思います!

んで古池満タンみて一句。
『古池やかわみん飛び込む水の音』by 猿芭蕉 
・・・・すみません。ホント勢いですみませんsweat02

徳沢キャンプ場って草でフカフカなんですね♪気持ちよさそうです。泊まってみたい!
これはテンパク№1を鼻歌る気持ちがとてもよくわかる画像でございました。

歴史大好き女の子を"歴女(レキジョ)"って言うらしいですがおじ様方が熱いトークしてましたか・・・。
歴G(レキジー)とでも申し上げましょうか。
かわみんさんがなんとか眠れたのでよかったけど夜はやっぱ静かにして欲しいものですよね~。
(あっイカン。わしも気をつけないと・・武田の騎馬隊がなんで負けたかっていうと~ブツブツ。)

朝ごはん、オサレーですね。ドライフード1つでもセンスって出ますねぇ(汗)
オニオンスープ・・・真似させていただきます!朝一にぴったりなアイテムですね♪flair

>身体が重く歩けない。(体重のせいじゃない?ってツッコミは無しでw)

おめでとうございます。立派なシャリバテですw 
シャリバテ研究会としては更なるシャリバテレポをお待ちしておりますが
明るく元気なシャリバテに留めておいてください。(←無理かw)

蝶ヶ岳ヒュッテのテント場もすげー良いじゃないですか~
夕日、すごい綺麗です。見てみたいなーうらやましい~。

と思いきや・・・・ガクガクブルブルの強風!いやーよく耐えましたねぇtyphoon
稜線は風が強いのが普通って思ってないと駄目なんですね・・・今更ながら勉強になりましたです。

でもでも景色もお花も素敵盛りだくさんなのがよくわかりました!
それからそれからソフトクリームが名物なんですね~相棒がきっと黙ってないなこりゃw

とても参考になりましたです!ありがとうございますっ!

ではでは。またお邪魔しに来ますね♪なますて☆彡

投稿: | 2010年9月16日 (木) 23時53分

clover岳猿さーん コメントありがとうございます♪
そして返事が遅くなってしまって
 
どうも  すいませんでしたっ

かわみんです。ナマステm(_ _)m
忙しいのに来てくれてありがとうであります!^^

えーところで、蝶ヶ岳レポ。
明神館のカツ丼は中々美味しいかったですよ。
上高地から1時間しか歩いて無いし、その後も1時間しか歩かないから
ちょっとカロリーオーバーでしたけどね。へへへ
今後も岳猿さんの悪夢に出演させて頂く為にも
トンカツレポは続きます~

えー・・・で。。。古池満タン見て一句。ね。
うーん・・・うー・・・えーーと。。。

かわみん そんなテキトウなこと言われると頭いたくなるよーw
あ、すみません。ワタシも上手い返事思いつかなかったw

徳沢キャンプ場はいいですよーホントに。
草フカフカで、テン泊に最高~なとこだけど
1つ注意点があるです。草地はどこでもそうなんだろうけど
回りの水辺が綺麗なだけに、ブヨの威力が凄くてですね
1箇所齧られただけで直径10㌢も腫れ上がりビックリです。
R太郎は3週間経っても治らず(掻きむしっちゃうから)
また皮膚科のご厄介になりましたです。ブヨ、要注意ですぞ!
それからキャンプ地でのトーク。
声張り上げての熱いトークはご勘弁願いたいなーと思った訳です。
だって、ソノ方の声しか聞こえず、聞いてる方はきっと
返事に困ってたように思いましたよ。
もしかしたら皆興味津々、ウンウン頷きながら聞いてたのかもしれないけどw
で、徳澤園と言えばソフトクリーム。これは来る人の半分以上の方が食べてるんじゃ?
山から下りた後のソフトクリームは最高ー♪
あ、炒飯もお勧めらしいよー
それから山ご飯。
無印のオニオンスープは最高に美味しいです。家で飲んでも美味しいもん。
なのでマジでお勧めです。
それから、瞬間美食&ナンはいいですぞ~~!
岳猿さんチームは瞬間美食好きなようだから
次回は是非ナンで♪
フライパン無かったら鍋の蓋でもいいし、網で焼いても美味しいよ!
最後の一口分のカレーはナンですくい取る様にすれば
トイペで拭く必要も無しで、一石二鳥good

シャリバテは・・・突然に・・・w
岳猿さんの言うとおりでしたよ。伝説の名曲は嘘じゃなかったw
朝御飯食べて1時間半くらいしか経ってないんだけど
どんだけ食べりゃいいんでしょーね。太るやないかーw

蝶ヶ岳ヒュッテのテン場。
ココは眺望が素晴らしいって有名な所なのです。
谷を挟んで向こう側が穂高連峰なのよ~~~
槍さまだって、どーんなのよ~~~
安曇野側からは中央・南アルプス~~
なのに見えなかった・・・雲のバカーっ
って感じでした。風は凄いですけども
天気予報と睨めっこして是非是非行ってみてください。
常念もすぐそこなんで、ぐるりっぷで是非♪

岳猿さんはこの3連休、どこかお山へ行かれてるのですかー?
また楽しいレポ期待しておるです☆

投稿: かわみん | 2010年9月19日 (日) 15時44分

かわみんちゃん、こんばんは。

今更ですが蝶ヶ岳、お疲れ様でした。
・・・・って遅すぎ~~!

いや、かわみんちゃん、元気ですか?
元気だよね? そう願ってます。

今日は義理ママがいないので 一日PCデーにして
みんなのとこ、コメ入れ回ろうって思ってたのに
結局家のことダラダラしてたら いつもとあまり変わらない一日になってしまった・・・(^_^;)
ったく要領が悪いっていうか 段取りが悪いっていうか
あっちこっちに手を出すのでどれもこれも終わらなくなっちゃう。
で、隊長が帰ってきてからまた一騒動あったもんで(-_-;)

あ、ごめんなさい。 蝶ヶ岳だった。(^_^;)

前にも書いたかもしれないけれど
バッジ展の長沢さんが すごーく薦めてくれたのが蝶でした。
アルプスの眺めが一番いいのが蝶ヶ岳。
是非行ってください!って何度も言われた。
いつか・・・って思ってます。

お天気は確かに残念だったけど 時折見える山の輪郭や
ガスが晴れる瞬間のうれしさと残念な気持ちなんかが
かわみんちゃんの上手な文章で 手に取るように伝わってきました。
一緒に歩いてるみたいに。

テン泊は私たちには無理だけど
山を感じるには一番の環境だよね。
パッと写真撮れたりできるし。

これも前に書いたような気がするけど
もし、テン泊するとしたら 最初は徳澤で、って思ってました。
いつだったかヤマケイかなんかで徳澤のテン泊の記事があって
初心者にはすごく良い環境、みたいなことが書いてあって。
山の上までは無理でもこのあたりまでなら荷物持って歩けそうだし
死ぬまでにやってみたいなぁ~~。

あのソフトクリ―ムも有名だよね!
食べてみたい!
清泉寮のとどっちがおいしいのかな。
いつか自分の舌でその結果を知りたい!

かわみんちゃん、こんなにコメントが遅くなってごめんね。
天狗と尾瀬も近いうちにお邪魔しまーす。

投稿: 弱足ジュリア | 2010年11月 4日 (木) 20時00分

mapleジュリアちゃん、おはよー!
コメントありがとーww

いやいや、ワタシは元気です。
色々思うところがあって書き込みが出来ないのと
身内に不幸があって、バタバタしてただけなので
身体はと~っても元気?です^^;
心配してくれてありがとう&心配かけてごめんなさいm(_ _)m

ところで蝶ヶ岳・・・行ったのいつだったっけなぁ~?(笑)
なーんてね^^こんな前の記事までコメントありがとー♪
とっても嬉しいよ~lovely

仰るとおり、蝶ヶ岳の穂高連峰を望む眺望の良さはピカ一だと皆声をそろえて言うよね。
ワタシは去年のアフーさんの記事を見てから『絶対行きたい』と思ってました。
残念ながらアフーさんが見た星空と、穂高連峰の山並みを眺める事は出来なかったけど
穂高の向こうに陽が沈む、ほんの数分だけ見えた山並みは
まるで厳かな儀式が行われてるような、そんな雰囲気が美しかったです☆

で・・・なんだってぇ~???
『かわみんちゃんの上手な文章で 手に取るように伝わってきました』
やっだぁ~~ココ、大文字でお願いしますってば(笑)
と、お約束事のツッコミ入れてみましたwへへへ
そうそう!それから徳沢ね~いいよね~~マジでいい!
徳沢ならバスセンターから歩いて2時間程度だし、勿論平坦な道だし
なんなら常設テントもあるし・・・でキャンプ出来るよ^^
ソノ後、蝶へ登るって手もあるし、翌日涸沢まで歩くって手もあるね♪
徳沢は是非行って貰いたい~~!ただし・・・・
綺麗な川が近くに流れてる草地なので、ブヨは強力なので要注意sweat01
あとソフトクリームね♪清泉寮のと比較してどうなんだろ?
交互に食べてみないと私じゃーどっちが美味しいかわかんないな~
ただ、山から下りた直後のソフトクリームの味は格別だよ~んheart02

えっとね、ワタシにとって『尾瀬&上高地』って人が多くてうんざりする場所
だったのね。
だから涸沢や上高地から入る蝶なんかは
行きたいけど行きたくないっていう、不思議な場所だった。
けど、行ってみるとやっぱり人が多いだけのことはある素敵な場所で
どんなに人が多くても行くべきだな~と思った。
尾瀬も、上高地からの山も、今後も沢山歩くと思う。とっても魅力的な場所heart02

全然話が変わるけど、ジュリアちゃんちもうちもかわんないな~
子供が帰ってくると、一週間に何回かは騒動がある。(うちだけ?coldsweats01
最近ワタシは諦めてるところも若干あって、
『勉強しろー!』と何度言ってもやらないもんはやらない。
やる気がないのに机に向かったって、所詮、ノートの端っこにマンガ描いてるだけだもんねー
悩み多き年頃だわ、ワタシ(笑)
そうそう、全然関係ない話だけど、3日にボーイの地区ラリーがあって
地区の全ボーイ隊の各班毎にスキルを競う競技があったんだけど
R太郎の班が銅メダルを頂きました。
3位で団名と班を呼ばれたときは他のリーダーと余りの驚きに(入賞なんて期待してなかったからw)
「おぉぉぉーーっ」と思わず叫んじゃいましたww
そんなこんなでそれだけは沢山褒めてやったsmile
あ~なんだか又してもまとまりのない話になっちゃったー
起承転結が出来ない私でありました~スマン!

投稿: かわみん | 2010年11月 5日 (金) 10時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538400/49322402

この記事へのトラックバック一覧です: 風雨に耐えた蝶ヶ岳 -後編-:

« 風雨に耐えた蝶ヶ岳 -中編- | トップページ | 山から下りたら温泉 -上高地帰り編- »