« 風雨に耐えた蝶ヶ岳 -プロローグ- | トップページ | 風雨に耐えた蝶ヶ岳 -中編- »

2010年8月27日 (金)

風雨に耐えた蝶ヶ岳 -前編-

Img_0811_convert_20100827180329

これまでの話、プロローグはこちらからどうぞ♪

そんなこんなでテントのグランドシート&インナーシートを忘れた我が家。


ザーザー降りの雨でダイジョウブなんだろうか?

一抹の不安を抱いたまま 上高地ビジターセンターの軒下で身支度をして、
ザーザー降りの雨の中へ一歩踏み出す。

 ******************************************************

てくてく歩きながら周りを見渡す。
よく見ると観光客がいっぱいだ。さすがは上高地。


それにしてもこんな天気なのに、物好きだな・・・

そんな観光客からすれば、雨の中デカザックを背負って
えっちらおっちら歩くワタシ達の方が、よっぽど物好きに見えるか・・・



なんてことを思いながら梓川沿いの道をてくてく。
どうしてもうつむき加減に歩いてしまう。
顔を上げて歩くと顔中濡れてしまうからだ。

左手に河童橋が見えてくると、驚くほど沢山の観光客が居た。
入れ替わり立ち代り、橋の正面で記念撮影らしい。
ワタシ達はと言うと、これだけ雨が降っていると特別感動もないし、
カメラはザックの中だし、
写真を撮る為にわざわざ立ち止まること自体が面倒くさい。しかも帰り通るし。
わいわい楽しそうにしてる観光客を横目に足早に通り過ぎる。

小梨平キャンプ場も。
雨に打たれながら設営している様子を見ると
徳沢で設営している自分たちを想像してしまう。
テント設営でじっとり濡れるんだろうと想像しただけでブルーになったりして。

雨は一向に止む気配が無いし、むしろ雨足が強くなってる気さえする。
小石交じりのぬかるんだ道を、ただ てくてく・・・と、会話も無く歩み続ける。


バスターミナルから約1時間程して明神館に到着。
1つ目の休憩地に辿り着いたと言う気持ちからか、ぷち達成感を感じる。

わーい!やっと大休憩だ~♪


ちょっと面倒だけどレインウエアを脱いで小屋の中で食べる事にした。
小屋の食堂は満員御礼!登山者や観光客でごった返している。
明神館と言えば「イワナ(ヤマメ?)の塩焼き」や「リンゴジュース」が有名だが
ワタシ達は R太郎が山菜そば ワタシと夫はソースカツ丼を注文した。
でもよく考えたら、この後徳沢までしか歩かないんだし、
ソースカツ丼じゃ相当なカロリーオーバーなんだよなぁ・・・
でも美味しかったから、いっか♪

チャチャっと食べて明神館を後にする。
明神館から5分ほど歩いて梓川沿いに出たところでふと気づく。

アレ?R太郎のカメラって防水カメラじゃん!!

やだーワタシったらアホアホだわ。
雨で写真を撮る気がなかったからすっかり忘れていた。
そんな場所で撮った写真がコレ。

Img_0330_convert_20100826184851
         ガスガスどよ~~んな梓川


写真じゃわかりにくいけど水量も相当なもんだ。
落ちたら一気に大正池まで運ばれそうな勢いである。

あまりにも天気が悪すぎて、防水カメラがあるっていっても
撮りたい景色なんてありゃしない。
でも・・・まぁザーザー記念に次がコレ。

Img_0333_convert_20100826184938
           古池

水量が多すぎて、美しいとはお世辞にも言えないご覧の景色。

Img_0336_convert_20100826185004
           梓川から川上を望む 


どう?このドヨヨ~~ンな重い雲。
写真より実際の方がもっと暗い感じがしたけど・・・

途中、崖崩れ箇所もあり、こんな雨だとメチャメチャ怖い!
徳沢(横尾までの間もあるよ)までの間って、
結構怖そうな箇所が幾つかあるんですよね~
いつ崩れてもおかしくないんじゃないか?と思うくらい。

そんな危ない箇所を通り過ぎた辺りから次第に小雨になってきた。
とにかく土砂降りじゃなければなんでもいいと思っていたワタシには
この小雨状態ですら嬉しかった。
滴をたっぷり蓄えた樹の間の登山道を約1時間
右手に徳沢ロッジが見え、その先をゆるくカーブすれば・・・

Img_0337_convert_20100824105623
         雨にしっとり濡れる草原の徳沢キャンプ場

緑の中に、色とりどりのカラフルな花が咲いていた。
徳沢キャンプ場である。

この風景が目に飛び込んできただけで不思議なものだ
いきなりテンションア~~ップup
雨や忘れ物の事で凹んでいたのが嘘みたい!

夫とR太郎にテント設営を託し、ワタシは徳澤園へ。

キャンプの受付し、心にずっと引っ掛かっているレジャーシートを探す。
が、やはり売ってない。
そりゃそうだよね。山小屋でレジャーシート売ってるのなんて見たことないもん。
海の家じゃあるまいし。
これだけ探してるといい加減考えるのも面倒くさくなってきて
結局・・・グランドシートのことなんてどうでもよくなってきてしまった。
つまらないオチですんまへん

ただ、ビニール袋が足りない。
湿ったザック、濡れているレインウエア・・・などなど
それに一番大事、靴だ。
寝ている間に土砂降りになったらたまったもんじゃない。
大きいビニール袋も持ってきていない。(持って来いよ!っていうツッコミは無しで)
ビニール袋は幾つあっても足りないのだ。

と、ここで良い閃きがflair
小屋泊まりの人に渡していた濡れた物を入れる為のビニール袋。

アレ貰えないかなぁ・・・?


あぁ・・・ワタシったら頭いい!(図々しいとも言う)
徳澤園に戻り、受け付けに丁度いたご主人に頼んでみると

「いいですよ」

と、快く下さった。1袋。
けど・・・1つじゃ足りない。人数分ないと・・・ねぇ。

「すみません・・・あと2つ頂けませんか?」

きっと『図々しいおばちゃんやなぁ・・・』と思ったに違いないだろうけど
「どうぞ」と笑顔で下さった。
なんて良い人なんだ!徳澤園、最高ーーっ!


よっしゃービニール袋、3つGET!!!

ビニール袋を頂き小屋から出ると、雨はすっかりあがっていた。
空はどんより雲ってはいたが、雨さえあがればモーマンタイ。


♪グランドシートが無くたって~インナーシートが無くたって~~
     草地の上なら・・・平気・・・なの♪

徳沢にやっと小さな我が家が建った。
薄い布切れで出来た4㎡にも満たない我が家。
けれど、その薄い隔たりがあるだけで 安心感が生まれるってもんだ。

荷物の整理をして、小一時間ほど昼寝。
目覚まし代わりの楽しそうな明るい会話で起きてみると5時近くだった。
外では皆さんが夕飯を作ってたり、既にご飯の最中だったり。

我が家も夕飯の準備に取りかかる。今日のメニューは・・・・ 

カレー&ナン

Img_0639_convert_20100826185106
          瞬間美食&ナン

因みに夫とR太郎は無印のキーマカレー&バターチキン

「ナン」いいでしょ?
軽くフライパンで温めて。これがまいうーなんですぞ~♪
アルファ米より早く食べらてグー!
しかも瞬間美食は美味い!!フリーズドライとは思えない美味しさ!

ご飯が終わればやることない。
歯磨きして、ボディーシートで汗を拭いて・・・おやすみなさい・・・zzz

と・・・言いたかったが
お隣のテントのおじ様達の話し声が大きくって・・・
話している内容が丸聞こえ。
えぇ・・・テント場で話すっていったら、そうアレですよ・・・アレ



歴史



やっぱ今は日本史ですよね~~?アハハー
って・・・・違うでしょー!!
延々と、しかもかなり熱を入れてお話しているご様子で・・・
一緒に居る人は大変だろな・・・としばらく耳障りだったけれど
寝不足で疲れた身体は知らない内に爆睡体制へ入ったようだった。

中編へ続く・・・

あぁ。全然書くことがまとまらない・・・・

|

« 風雨に耐えた蝶ヶ岳 -プロローグ- | トップページ | 風雨に耐えた蝶ヶ岳 -中編- »

山登り」カテゴリの記事

コメント

かわみんさ~ん、こんばんは♪

小さいながらも我が家が出来てホッとした気持ちが分かるわ~(*^_^*)
それにしても雨の中R太郎君も偉いね!誉めてあげたい!
普通子供は嫌がりそうなもんだけどね・・・。
頼もしいもんだね。

こんなお天気なのにキャンプ村はいっぱいなんだね。
かわみんさんにとって、久しぶりの家族登山、
雨降ってたって心には太陽がピカピカ輝いていたんだな~と思いました。

かわみんさんのアイデアでナンとカレーを(瞬間美食ってまだ食べてないけど南瓜も入ってるの?!)
雨飾山で食べたけど美味しかった!
ホワホワでご飯より簡単でいいよね。

ビニール袋もゲットできてよかったね!
日本史・・・の子守唄余計だけど、ぐっすり眠れたのね。
私もまたテント泊したいなぁ。羨ましいです。

続き楽しみに待ってますね♪

投稿: 矢車草 | 2010年8月27日 (金) 18時55分

かっわみんさ~ん!

おぉー、徳沢だぁ!happy02
徳沢、
私の住みたいランキングの栄えある第一位です!
そんな徳沢でカレー+ナン、うらやましぃ。

写真だと、そんなに激しい雨には見えませんけど、
大変でしたね。
でも、ザーザー記念やドンヨ~リ記念の写真を撮って楽しむかわみんさん、好きです! heart04

ビニール袋を無料で3つゲットしたかわみんさんも素敵です!
一家にひとつ、必需品のかわみんさんですネ!
我が家にもひとつ、いえ、ひとり欲しい・・・。

蝶ヶ岳、待ってますよぉ!

投稿: ヒサ | 2010年8月27日 (金) 20時32分

clover矢車草さ~ん、こんばんはー&コメントありがとう♪

いやいや、ホント。テントを設営し終わった時のあの安堵感。
『これで安心』って気持ちがいっぱいだったよ~

で、R太郎ね。褒めてくれてありがとねhappy01
夫と二人でも言ってたの。「今回、歩いて文句言わないね」って。
ジャンボリーを経験して逞しくなったのか、あまりに疲れて言葉を失ってたのか
は、定かじゃないけど、「疲れた~」とか「もう歩けない~」
を1度も言わなかったんだよね~偉いと思いました^^へへへ。

徳沢は思った以上に混んでたよ。
とっても広いから張れなくなるって事は無いみたいだけど。
やっぱり、徳沢キャンプ場メチャメチャ雰囲気いいもん。
みんな泊まりたいんだよね~♪

それからカレー&ナン。美味しかったでしょう?
ナンは絶対お勧めだよね?
次回はナンとご飯と両方にしてみよーw

日本史(歴史)の話には参った・・・
しかもタイムリーな幕末(龍馬)ならまだわかるんだけど
平安とか鎌倉時代くらい?
とにかく戦国時代以降の話じゃなかったのよ。
昔すぎぃ・・・誰も聞かないって~~ってツッコミたかったですw

前編で蝶ヶ岳直下まで書くつもりがまたダラダラと長くなっちゃった^^;
ホントにワタシって、まとめるの下手すぎ・・・
次は簡単にまとめる!タブン・・・happy02

投稿: かわみん | 2010年8月27日 (金) 21時18分

cloverヒサさ~ん、お帰り~&コメントありがとう♪

最初の写真、二輪草は徳澤園で撮りました。
ヒサさんへのお土産です♪
ヒサさんの住みたいランキング、No1の徳沢。
わかるわかるぅ~!!ほんと~~にいいところだよね?
徳澤園の雰囲気も最高だし、テン場もワタシの大好きな景色!!
何度でも行きたいなぁ~と思う場所になりましたheart02

雨が1番酷かったのは、バスターミナル~明神館の間でしたね。
前向いて歩いてなかったもん。水溜りも酷かったし。
明神館を出た頃から前を向いて歩ける位の降りになったので
写真撮った時はソレほど降ってなかったかも。
でも古池の水面の波立ってる感じは、あれ、雨の飛沫なんだよ~

それからビニール袋。ホントに助かっちゃった。
一応、3つも悪いから「お幾らですか?」って聞いたの。
「お持ち下さい」って言われるとは思ってたんだけどhappy02
貰った袋を靴に被せてたお陰で濡らさずに済みましたgood
図々しいワタシをヒササンちに欲しいと?
エンゲル係数、メチャメチャあがるけどいいの?w

蝶ヶ岳登頂、次号では必ずまとめまするsweat01
ちょっと待っててね~heart02ってヒサさんのレポは?( ̄∀ ̄*)イヒッ

投稿: かわみん | 2010年8月27日 (金) 21時30分

こんばんはhappy01
かわみんさんの心の中がよくわかりましたよ。
上がったり 下がったりhappy01

私も上高地から横尾まで2回雨の中を歩きました。
それも徳沢園から横尾まではバシャバシャ降り。
なんともテンション下がるよね。

でも徳沢園まででよかったね~。
ほんとに気持ちよくて雨なんか全然気にならないくらいよね。
かわみんさんがうらやまし~。
徳沢で休憩するたび キャンプしたいなあ と思うもの。
我が家のテントはもう何十年もたててない。
虫穴でも空いてるんじゃないかしら。

R太郎くんもえらい!
きっと上高地が、徳沢が気に入ったのね。
頼もしい!
次回はカッパ橋で穂高の峰々に、徳沢で前穂に感動して!!

投稿: カルディナ | 2010年8月27日 (金) 22時22分

cloverカルディナさ~ん、おはようございます♪
&コメントありがとうございます^^

おぉ、カルディナさんも雨の中アノ道をトボトボ歩きましたか~?^^
歩くのに辛い道ではないし、雨降りは覚悟の上だったんだけど
人様のブログで「穂高の山並みどーん!」の写真を
嫌っていうほど見てきてると、その格差に落ち込むと言いましょうか^^;;
小雨ならまだしも、ザーザー降りだとやっぱり凹みますね^^

徳沢キャンプ場は気持ちよかったですよー♪
絶対次は晴れの時にテント張りたいな~と思う。
朝靄の中に朝陽が差し込む風景を見たいな~って思いますshine
カルディナさんちのテント、もう十年近く立ててなかったんですか~
もうテント担ぐの嫌になっちゃったのかしら・・・?
ちょこっと蝶ヶ岳登りに、どうですか?
徳沢でベースキャンプって手もよさげですよね♪

R太郎は、8月の初旬にボーイスカウトの日本ジャンボリーっていう、全国の催しに参加してて
そのお陰かどうかわからないんですが
全く、一言も文句を言わなかったです。
動作は、準備は相変わらずノロノロなんですけれど
歩いてる時、一言も文句を言わなかったのはこれが初めて。
ちょっと逞しくなったのかなぁ?

えぇ!次回は絶対青空の下の上高地で胸躍らせますよーhappy02

投稿: かわみん | 2010年8月28日 (土) 09時59分

❁かわみんさん こんにちは
かわみん節、滑り出し絶好調!
日本史だって…ほんとにおじさんたちったら、ですね。ふふっ。
いよいよの蝶が岳レポ、楽しみです。

投稿: pallet | 2010年8月29日 (日) 12時10分

cloverpalletさ~ん、こんにちは♪
コメントありがとうございます☆

ワタクシ、滑り出し好調でしょうか?(笑)
読み返してみると、日本語が変ですよね。ははは

いやぁ、オジ様達のお話(1人の方が95%喋っていた)
最初は何を話してるのかわからなくて、でも
随分と熱を入れて話してるな~と思ったら歴史の話でした(笑)
しかも、今、タイムリーな歴史と言ったら幕末ですよね~?龍馬ですよ~
それなのに、安土桃山以前の話だったので
『ぉぃぉぃ、今その話?』って思ったくらいですからhappy02

はい。いよいよ蝶ヶ岳まで登りました!
ほぼ写真をペタペタ貼っただけになってしまいました(笑)
しかも、次で終わらせようと思ったのに終わらなくて
『中編』になってしまった。
palletさん。呆れずにまた来て下さいね。(;´д`)トホホ

投稿: かわみん | 2010年8月30日 (月) 17時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538400/49249322

この記事へのトラックバック一覧です: 風雨に耐えた蝶ヶ岳 -前編-:

« 風雨に耐えた蝶ヶ岳 -プロローグ- | トップページ | 風雨に耐えた蝶ヶ岳 -中編- »