« 鍋割山へ   -後編- | トップページ | 丹沢 ~表尾根を歩く~ 後編 »

2010年1月15日 (金)

丹沢 ~表尾根を歩く~ 前編

丹沢方面は、12月に鍋割山へ行ったばかりだけども
本当なら、鍋割山~塔ノ岳~大倉尾根とぐるりっぷの予定だったのが、
R太郎の足の爪が痛くなったり、時間的に余裕が無さそうなことから
やむなく小丸から二俣へ下山することになり、塔へ行けなかった事は
かなり心残りだったのだ。

ど~~しても!塔ノ岳へ行きたい!

と、言う気持ちが治まらず
天気は今一だったけど行ってきちゃいました(*´ェ`*)

しかしながら少々不安な事も・・・
鎖場と痩せ尾根が気になって、赤岳へ行った時と同じように
前夜は高所を怖がってる夢を見てしまった・・・
だって私・・・高所恐怖症なんですもんsweat02

【行程】

菩提峠⇔二ノ塔⇔三ノ塔⇔烏尾山⇔行者岳⇔塔ノ岳

*************************************************************

          Dscn1923_convert_20100114183356

朝4時半に目覚めて空を見てみると真っ暗。(当たり前だけど)
星一つ見当たらない。
って事は天気はよくないのかな?ちょっとガッカリ。
しかも昨夜のお酒がちょっと残ってるのか頭痛もするし、気分はイマイチ。

自分から「塔ノ岳行こうよ!」と言った手前
気分が乗らないからって「行くの止めない?」とも言えず・・・。

取りあえず支度を済ませ、出発したのは5時半。
246号線に合流する頃にはなんだか車に酔ってしまったようで
気持ち悪い・・・うぅ~ん・・・sweat02この後の山道が怖い・・・

ヤビツ峠辺りに来るといよいよ車酔いも本格的で
道路の脇には数日前?に降ったのか雪もあったりで

あ~~なんだか気持ちが沈む・・・down

色んな事を考えている内に富士見山荘を右に左折して菩提峠の方へ。
駐車場に着くと、先客は1台だけ。

Dscn1891_convert_20100114182531

だだっ広い駐車場にポツーン。
駐車場の目の前に閉じてるゲートから歩き出します。

駐車場から登山口まではおよそ6~7分。
3連休の最終日だからか、他の登山者に会わない。
「雪でも雨でも降ってきたら寒いし危ないから撤退ねー」
なんて、歩く気が失せてしまった私はなんだかんだと理由つけて
いつでも帰る気でおります。


静かな登山道を歩く事約1時間、標準CT通りで二ノ塔へ到着。
眺望も特にないので、水分補給だけして先へ進む。


この頃は頭痛は相変わらずだったけど、車酔いも治って
雨降ったって雪が降ったって帰る気はまるでなくなっていた。

山の中にいる事で気持ちが落ち着いてきたのかな?
帰るなんてとんでもない、早く先へ、あの頂の先へ・・・
と進みたくなるのです。
自然(山)の人に与える力って凄いね。

山に感謝です。

ところで皆さんもご存知の通り、丹沢はとにかく登ったり下ったりが激しい。
さすがにこの辺りでは歩き始めなので疲れはしてなかったけども
せっかく登ったのに、三ノ塔へは一旦下ってから登り返す。
登って下ってはこの後何度も繰り返し・・・

Dscn1911_convert_20100115133307

こんな風に下って行って

Dscn1915_convert_20100114183112

階段をひたすら登り続ける・・・
ん~~きっつぅ~~sweat01

Img_3164_convert_20100115133349

ログハウス風の山小屋が見えればそこが三ノ塔であります。
二ノ塔から15分程で到着。
ここは広~~くてとっても気持ち良い
お天気が良ければナイスロケーションを期待出来る場所だけど
この・・・

ドヨ~~ン

とした寒空の下では休む気にもならない・・・
夫が方位盤で辺りの山を確認してるけれど、早く行こうよぉ・・・って気分だ。

歩いているとすぐ熱くなってくるけれど、歩みを止めると
途端に身体が冷えてくる。
余りにも寒いから辺りをちょこっと散策して即出発。

Dscn1923_convert_20100114183356_2

お次は左手前の山頂、烏尾山へ向かってまた下って登る。
奥に見える筈の塔ノ岳山頂付近はガスガスだけれど
そこへ向かう稜線が全て見えてるので結構ワクワク気分である。

Dscn1924_convert_20100115140527_2

ひたすら下る・・・
そして登り返して

Img_3170_convert_20100114183836_2

最後にこの笹のトンネルを抜ければ

Img_3172_convert_20100115141302

烏尾山である。
実はここでトイレに行きたかったのだけど
表尾根コース上の山小屋は冬期は全てやっておらず、
塔ノ岳山頂の尊仏山荘まで行かないとおトイレに行けないのデスsweat02

※2011年2月追記事項
 
2011年1月30日(日)に行った時は烏尾山荘やってました。
下山時(2時前後)は閉まってました
週末不定期でやってるんですかね。新大日小屋はやっておらず。

汗かいて出すしかないわ・・・・失礼<(_ _)>

トイレへ行けないと解ったら先へ進むのみ。
早く塔ノ岳へ行かねば!!

烏尾山頂から25分程度で行者ケ岳に到着。
この後に私にとってはドキドキビクビクな鎖場が待ってるのです。

何本か鎖があるけれどそこは鎖は全く必要ではなく・・・

Dscn1946_convert_20100115142256

この鎖場を下りた次・・・

両側が切れている木橋の手前のこの鎖。

Dscn1948_convert_20100115142552

ゲッ・・・下見えてませんけど・・・・

高さは4~5m程でしょうか?
一瞬躊躇して緊張だったのですけども、意外にここは
スルスルっと下りれちゃいました。(登りのほうが断然怖かったsweat01
木橋もさほど恐怖感無く渡れます。
高所恐怖症の私でもダイジョウブだったー

この鎖場で塔ノ岳方面から下りて来られた年配のご夫婦に
「頂上の方は霧氷が綺麗でしたよ~」
と教えて頂き、天気の悪いのにちょっぴり感謝したりする。
『早く霧氷見たいな~~shine
な~んて、天気悪くて気持ちが凹んでたくせに、私もげんきんなもんです^^;;

そして鎖場の先に痩せ尾根があるのですけど
行ってみるとそっちの方が断然怖い。
だって・・・
『ここで地震来たら・・・』
なんて想像したら、(´Д`;≡;´Д`)アワアワ とガクガクブルブルです。
ちょっとの距離だけれど、ホントに狭いんですよ・・・

Img_3183_convert_20100115133507

痩せ尾根辺りまで来たら、晴れ間が出てるじゃありませんか!!

「晴れたら霧氷が溶けるぅ~~晴れるな~~~」

あぁ。。。もう自分勝手さ全開であります・・・sweat01

後編は こちらからどうぞ♪

|

« 鍋割山へ   -後編- | トップページ | 丹沢 ~表尾根を歩く~ 後編 »

山登り」カテゴリの記事

コメント

かわみんさん、こんばんは。

今週は歩きに行けるかなって思ってたんですけど、
なぜか大阪出張。 weep
ホテルの部屋で、かわみんさんのレポに癒されてますー。

かわみんさんもお酒お好きなんでしたっけ?
あぁ、そういえば、お誕生日のダンナ様からのプレゼントは・・・。

>自然(山)の人に与える力って凄いね。

ほんとーに、そうですよね。
自然の力は偉大です。
山でだんだん周囲に同化していく自分を感じるとき、
人間も自然の一部なんだなぁ、とよく思います。

わぉ、高所恐怖症克服部?のかわみんさん、
年明けから特訓ですねっ!
でも、R太郎君は大喜びだったのかな?

>「晴れたら霧氷が溶けるぅ~~晴れるな~~~」
あぁ。。。もう自分勝手さ全開であります・・・

あはは、よくわかります。
私も同じですよー。
せっかく行ったんだから、自分が望むものを見たくなっちゃいますよね。
でも、その時に見られたものを見て、満足しちゃうんですけどね。

後編の展開が楽しみですー。 wink

投稿: ヒサ | 2010年1月16日 (土) 21時28分

sunヒサさ~~ん!こんばんはっ!
大阪出張、お疲れ様です
&コメントありがとうございます!

山へ行けないのは残念でしょうけれど・・・
大阪出張・・・カッコいい~~♪羨ましい~~♪
人の(会社の)お金で地方へ行けるなんて最高!
遊びじゃないから大変かも?ですけど
私にしてみると、ちと羨ましいです^^;;
でもでも、代休ばっちし貰ってのんびりして下さいね。

>かわみんさんもお酒お好きなんでしたっけ?

夫から貰った誕生日プレゼントの日本酒は
夫がほぼ全部飲みました(笑)
私もお酒好きだけど、独身の時みたいには飲まないので
飲み会やキャンプに行かないと飲まないです^^;
お酒は弱いですけど、スキです♪

>山でだんだん周囲に同化していく自分を感じるとき、
人間も自然の一部なんだなぁ、とよく思います

はい、仰るとおりです。
自然の中で生かされているって感じがしますよね。
そしてヒサさんはホントに言葉の使い方が上手!
私の言いたいことをちゃんとした言葉にしてくれて嬉しいですheart02

>高所恐怖症克服部?のかわみんさん、
年明けから特訓ですねっ

そ~~なんです!!
下りのは大して恐怖感なかったんですけれど
登る時がなんだかとっても怖かったです。
ヒサさんなら何とも思わずスルスルッと行けるんでしょうね~
う~~羨ましい・・・
とにかく前夜に怖い夢見るのが嫌で^^;;
朝起きても色んなこと空想しちゃうの、早く治したいですsweat02
R太郎は林道歩きがほとんどなかったので
ずっとペースを落とす事もなく、鎖場は大喜びで
母は色々空想するのでR太郎が登るのも下りていくのも
見ていて怖いんですけど、本人は上機嫌でした・・・
私なんかより、よっぽど危なくなく鎖を通過していきますヨcoldsweats01
母かわみん、立場無し(;´д`)トホホ…

>せっかく行ったんだから、自分が望むものを見たくなっちゃいますよね

ヒサさ~~ん!わかってくれてよかった~~!
そうですよね~?
雪も太陽も紅葉も、花も、都合よく(出来れば)見たいですよね~
同じでよかったー♪(笑)

ヒサさん、出張は今日までですか?
お休み無く疲れたでしょう?お疲れ様です。
おうちに帰ったらゆっくり身体を休めて下さいね♪

投稿: かわみん | 2010年1月17日 (日) 19時07分

かわみんさ~~~~~~~~~~~~~~~ん!!
と、いつもより長い呼びかけをしてみました。
なぜなら嬉しいからです(意味深)

表尾根からだったのですか!すごーーーい!
車なら往復?!それすごーーーい!あれを逆走?すごーーい!!
私なんて相当な覚悟を決めて望んだ表尾根。
烏尾小屋までの下りの泣きそうだったことと言ったら・・・
http://blog.goo.ne.jp/cyu2xxx/e/76feb9a87bbe84059ca8338d6b120592
私の場合は「高所」ではなく、キレ落ちたような「高度」恐怖症なので、
あの下りは辛かったです。
クサリ場は私も全然でした。
なんだろな~~?やっぱり人によって微妙にコワイ、のツボが違うんでしょうね。

>「晴れたら霧氷が溶けるぅ~~晴れるな~~~」
あぁ。。。もう自分勝手さ全開であります・・・

あら、不思議。全く同じこと考えてました。何の違和感もなくいつもそう思っていた私ですが、
自分勝手だったんですね、アハハhappy01

そういえばかわみんさんはお小さい(失礼?)んですね。
R太郎君とあまり変わらないような・・・ウラヤマシイ・・・
私は身長170cmなので、でかいのに運動神経鈍くて、
昔からソレが嫌で嫌で・・・最近はもう慣れましたけど、小柄な方がうらやましいです。

表尾根、私のときも天気悪かったので、今度は快晴の時に行ってみたいものです。
あれから少しは成長したかも?知れないので。
いや、丹沢はきっついですよ、ホント。
でもまた行きたくなる、不思議スパイラル・・・catface

投稿: cyu2 | 2010年1月17日 (日) 21時57分

suncyu2さぁ~~~~~~~~~ん!!

と、私も真似していつもより長く呼びかけてみました!(笑)
何故なら嬉しいからです(意味深w)

>表尾根からだったのですか!すごーーーい!
車なら往復?!それすごーーーい!あれを逆走?すごーーい!!

そうなんです!凄いんです(笑)
とまぁ、冗談はこっちへ置いておいて・・・
車だとぐるりっぷ出来ないじゃないですか~だからしょうがなく・・・
本当は大倉尾根から下りたかったんですけどね^^;
やっぱり、あのアップダウンを2回はきついっす。
片道だけでお腹イッパイって感じですよね~sweat01
次の日から3日間筋肉痛でしたよ(;´д`)トホホ…

で、cyu2さんのブログも拝見させて頂きました!!
同じ事感じてて嬉しい~^^やっぱり、あの痩せ尾根は
色々空想しちゃいますよね(笑)
私は切れ落ちてる所は見ると足がすくむので、絶対見ませんけど。
高所(高度)を恐怖に感じるツボって、私の場合どうなんだろう?
表尾根に関して言えば、痩せ尾根が1番怖かった。
2番目は例の鎖場を登る時。下るのは何でもなかったのにね^^;
下っていく時にズルズルって落ちるのと、
登ろうとしているのに不意に落ちるのとでは違うんだろうと思う。
登る時はかなり空想入りましたよ(笑)

>「晴れたら霧氷が溶けるぅ~~晴れるな~~~」
あぁ。。。もう自分勝手さ全開であります・・・

あら、不思議。全く同じこと考えてました。何の違和感もなくいつもそう思っていた私です

これ、やっぱりcyu2さんも同じ?
よかった~~^^
まー、口に出してそこでジタンダ踏む訳じゃないし
心の中で思うのなんか誰でもあるもんね~ヨシ!
私は間違ってなかった!(いいんかいw)

>そういえばかわみんさんはお小さい(失礼?)んですね。
R太郎君とあまり変わらないような・・・ウラヤマシイ・・

ん~~どうだろう?そんなに小さくはないと思うけど。。。
小さく見えるのはR太郎との立ち位置のズレだと思う~
164cmなので、大きくはないけど小さくもない?
中途半端な高さであります^^
あ、それと!身体のバランスが悪いせいで小さく見えるのかも!?
(〃^∇^)o_彡☆あははははっ
因みにR太郎は147cm位であります。

でも、cyu2さん身長170cm?高いですね~~
だからスラッとカッコよく見えるんだなぁ~羨ましい~shine
見た目良けりゃいいんですって!happy01
運動神経なんて良いのか悪いのかなんて見た目じゃ解らないし
ダイジョウブですよん!(?)
それに山だってガシガシ登れてるもん!
問題ないじゃないですか~♪

>表尾根、私のときも天気悪かったので、今度は快晴の時に行ってみたいものです

同じく~~♪
やっぱり快晴のお天気の下を歩きたいですよね!
でもー、霧氷が出来るくらい寒いのに、歩いてると何故か汗ダクなので
初夏から晩秋までは歩けないな・・・
恥ずかしい位汗かきそう・・・しかも!ヒル被害にも遭いそうだしぃ。
あの辺り(丹沢周辺)は本当~~~にどこでもいますよね?
(表尾根はジトジトないからいないかな??)
寒い時期に出来るだけ行きたいなーと思っております。
次は大山かな?R太郎が行きたいんだってー

しかし、cyu2さn仰るとおり、『又行きたくなる不思議スパイラル』
に現在はまってます。
新芽の出る若葉の季節にあの尾根を歩きたいな~clover
もしかしたら丹沢でばったりもあるかもしれないですね^^

今日はコメントありがとうございました~♪
cyu2さんところのカウンターが1000越したので
ドキドキしている私であります!^^
今週も1週間頑張りましょうね~good

投稿: かわみん | 2010年1月18日 (月) 10時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538400/47293740

この記事へのトラックバック一覧です: 丹沢 ~表尾根を歩く~ 前編:

« 鍋割山へ   -後編- | トップページ | 丹沢 ~表尾根を歩く~ 後編 »