« 丹沢 ~表尾根を歩く~ 前編 | トップページ | 三浦半島 観音崎へ »

2010年1月18日 (月)

丹沢 ~表尾根を歩く~ 後編

2010年の初山歩きは

1月11日成人の日へ行った塔ノ岳。

丹沢 ~表尾根を歩く~ 前編はこちらからドウゾ♪

          

          

                     Dscn1962_convert_20100115161525

   *************************************************

鎖場を抜けた辺りから20分程で書策小屋へ。
ここで水分補給の小休憩。

ふと、向こうに見える山に目をやると・・・

Img_3184_convert_20100116170657

おぉぉ・・・うっすらと山が白化粧してるではないですか!!

霧氷が解けないうちに山頂まで行かないと!

ここから10分程で新大日に到着。

Dscn1955_convert_20100115161147

写真を撮っていたら、「バタバタバタ・・・」と上空が騒がしい。

Dscn1958_convert_20100115161356

ヘリでした。

私 「事故?」

夫 「霧氷の取材じゃないの?」

しばらくの間ずっと聞こえてるヘリの音。
そして何度も旋回をしてました・・・なんだったんだろう?

兎にも角にも先に進もう。

と、新大日小屋の裏手に回ってみたら・・・

Dscn1959_convert_20100115161441_2

霧氷ロード!

Img_3190_convert_20100115161708_2

まるで満開の桜並木の中を歩いているみたいshine

ワォ~~綺麗~~~

♪オニオニオ~~ニオ~ン ナニヌネ ニ~~ンジン♪

キュー◎ードレッシングのCMの歌を歌いながら軽快な足取りデス。
夫からは「お母さんが唸ってる・・・」と言われました・・・
霧氷とは全く関係のない歌ですが、この時の自分の気分にピッタリな歌なのです^^
歩く速度にピッタリなので、試しに歌いながら歩いてみてね♪

Img_3200_convert_20100118104432

新大日からおよそ20分程で木ノ又小屋です。
ここもスルーして先へ進みます。

Img_3208_convert_20100115161109

アップダウンもあまりなくなり気持ちよい冷たい風にあたりながら
塔ノ岳へと歩みを進めます。
生憎の天気なので眺望はないですが
この辺りは周りが開けていて、とても気持ちよいところ。
天気が良ければ雄大な展望が待っているそうです。

そして雪の華が満開の この尾根を登りきれば・・・

Img_3209_convert_20100115161807

塔ノ岳山頂。

登山口から4時間20分(休憩時間を沢山含む。笑)
やっと山頂に到着です。

Img_3217_convert_20100115161948boka

わーい!鹿の塔太郎くんも待ってくれてました♪(人なれし過ぎてますw)

Img_3219_convert_20100115162013boka

ガスガスで眺望は全くないけれど、記念に1枚camera

寒いので尊仏山荘へ駆け込み、記念のヤマバッチとカップメンを買って
ぬくぬく暖かいストーブの前でカップ◎ーメンの昼食。

尊仏山荘には可愛いニャンコちゃんもいます。
カメラを向けても微動だにしないニャンコちゃん。可愛かった!

残念ながら写真はR太郎のカメラの中の為、UP出来ず・・・

Dscn1984_convert_20100115162101

暖かいもんだから、ついでにコーヒー&ココアまで入れちゃって
食後のまったりコーヒータイムcafe

我が家はとにかくこれが長いんですよ。
休憩が・・・だから、行動時間も長くなるんだなぁ・・・

でも・・・ヤマでコーヒーは時間が無くても寒くても外せない・・・
これも一つの楽しみですから♪

ま、いっかhappy02

そうそう、新大日で見たヘリですが、あれは怪我人の救助だったようです。
塔ノ岳~丹沢山方面へ10分程下ったところの、
アイスバーンで転んでの骨折だったようです。

Dscn1963_convert_20100115161612_2

今年初めての怪我人だそうです。
事故はどんな場所でもおきるもの。
過信は禁物。気を引き締めて歩きたいですね。(←は、自分への戒めの言葉デス)

Dscn1986_convert_20100115162143

グレーと白と、枯れ草色の山頂。
寒々とした景色なのに、何故か立ち去りたくない雰囲気。

ヤマはいつも違う顔を見せてくれるんだね。
風景とその時の想いが 心に様々な色を残してくれる。

そんな事を思いながら目の前の景色にうっとりしていたのですけれど、
想像の通り、寒くて寒くって・・・
しかも写真を撮っていたら気づくともう13時半近く!

日没までに下山できるか心配・・・急いで下山します。

今回は同じルートで下山。

『同じ登山道の往復って面白くないよな~』
と、いつも思っていて、出来る限り違うコースで下山していたけれど

登りと下りとでは全く違う顔を覗かせてくれる山々に
飽きるなんてことは全く無く

Dscn1995_convert_20100115162321_2

距離感もつかめるので、ぐるりっぷ出来なくても
結構いいもんだな~と思いました。

そんな風な事言っててなんだけども
新大日から見えた三ノ塔も物凄く遠くてゲンナリだったし
ヒーフー言いながらアップダウンの激しい登山道をまた戻っていく事を
考えただけで眩暈がしたってのは内緒!happy02

しかも、二ノ塔から登山口までも「あっという間」だと思ったのに
(距離感、全然つかめてないしー笑)
道のりが案外長くて陽が落ちるのと競争してる気分でしたsweat01
そしてようやく菩提峠の駐車場に着いたのは17時過ぎ。暗くなる直前でした。
明るい内につけてヨカッタ!

丹沢山麓は、山伏や行者たちの修験場だったと言われるだけあって
表尾根コースもとにかく登って下って~の繰り返しで
痩せ尾根も鎖を登るのもちょっぴり怖くて
正直私にはとってもきつかったです。

でも、何故か「またココを歩きたい!」と思える場所でもあります。
そんな魅力満載の丹沢。
春の季節に・・・新緑の季節に・・・又来たいな~clover

おしまい♪

|

« 丹沢 ~表尾根を歩く~ 前編 | トップページ | 三浦半島 観音崎へ »

山登り」カテゴリの記事

コメント

雪の華、とってもキレイですねー。
うっとりですー。 lovely

私、中島美嘉さんの「雪の華」という曲が大好きなんです。
ちょっと思い出しました。

冬の山での温かい飲み物は格別ですよねー。
我が家は相方がせっかちなので、
ボトルに入れてって、“立ち飲み”がほとんどですけど・・・。 coldsweats01
あー、私もたまにはのんびりと山でコーヒーが飲みたい。

>ヤマはいつも違う顔を見せてくれるんだね。
風景とその時の想いが 心に様々な色を残してくれる。

そうですよね。
季節や時間帯や天候で全然違う顔を見せてくれますし、
そのときの私たちの気持次第でも、まったく違う景色に見えますよね。
それが山の魅力であり、怖さでもありますよね。

あっ、話は変わりますけど、
かわみんさんも164㎝あるんですね。
みんな、スタイルがよくっていいなあ。
私は158㎝、でも正確には157.5cmくらい。
都合よく四捨五入ですっ!
ちっちゃいと岩場とかでも苦労するんですよね。
届かないし・・・。 weep

あと3cmでもいいから欲しいっ!
誰か分けてくれないかな? bleah

投稿: ヒサ | 2010年1月18日 (月) 18時46分

sunヒサさ~ん!こんばんはっ!
いつもコメントありがとうございます♪

>私、中島美嘉さんの「雪の華」という曲が大好きなんです。
ちょっと思い出しました。

んふふ♪
実は私も大好きなんです^^
そういう訳で「華」と言う漢字をわざと使ってみました♪
私のレポは、あんなに美しい歌詞のようにはいきませんケド(笑)

>我が家は相方がせっかちなので、
ボトルに入れてって、“立ち飲み”がほとんどですけど・・・。 
あー、私もたまにはのんびりと山でコーヒーが飲みたい。

山での過ごし方って人それぞれテーマがありますもんね~
うちは「ガシガシ」登るって言うより、どちらかって言うと
のんびりまったりその場の雰囲気を満喫したいタイプなので・・・
その割にはキッチキチの計画して帳尻あわせに
アップアップしちゃうんですけど^^;
ま、ガシガシ登りたくても体力がついてかないって言う噂もアリ。
でも、ボトルにコーヒー淹れて・・・ってのもいいですよね。
あっ、それもうちは無理だ。。。
だって私が起きるのギリギリなんですもん(笑)

>かわみんさんも164㎝あるんですね。
みんな、スタイルがよくっていいなあ。

ヒ・・・ヒサさん・・・
身長があっても一概にスタイル良いって事にはならないんで(笑)
私の場合、「トントトントン・・・」と、軽い太鼓の音が聞こえそうな
体型なんで・・・○◎場所ってね(○゜ε゜○)プププー

私は頭もでかいし(笑)純日本人の体型でありんす。(花魁かーっ)
ヒサさんは158cmって書いてあるけれど
写真で見ると、もっと高そうに見える!
やっぱり細いし顔も小さいからに違いないshine
そっちの方が断然いいですよー^^

あ、私も岩場で苦労しますよ!
ホラ!身長があっても足が長い訳じゃないんで(笑)

投稿: かわみん | 2010年1月18日 (月) 21時24分

おおおおおおーーーっ!お疲れ様でした!
そしてなんとキレイな雪の華・・・
ホントに、写真を見ているだけでもうっとりしますlovely
天気が悪いならわるいで、こっちのほうがいいですねー。
自分勝手全快でも、ちゃんと気持ちは届いていたということでOKなんですね、うんうん、私もこの手で行こう。

実は私が始めて鍋に行ったときも、霧氷だった(らしい)のですが、5歩進んでは立ち止まるほどの極度のバテで、全く霧氷を楽しむ余裕がなかったのです。
貧血で倒れそうでしたので・汗
後から来た人たちが、「あー!霧氷キレイ~~~」と言っていたのですが「あ、そう・・・」
程度にしか思えなくて写真も撮れなかった、アホアホ・・・
余裕って大事ですよね、何事も。

それから164cm?!わー、予想外でした。
ってことはR太郎君が大きくみえるのかなcoldsweats01あまり変わらないように見えたので。
オトコノコだね~♪

投稿: cyu2 | 2010年1月21日 (木) 15時24分

suncyu2さ~~ん!こんばんはっ!

コメントありがとうございます♪
そして返事が遅くなってしまって申し訳ないですっ

>そしてなんとキレイな雪の華・・・
ホントに、写真を見ているだけでもうっとりします
天気が悪いならわるいで、こっちのほうがいいですねー。

そうなんです~!
ボキャ貧じゃなければもっと良い表現出来るんだろうけれど
悲しいかな「綺麗」って言葉しか言えない自分。
でもね、本当に綺麗でしたよ~
その場に居られたってことに感謝しちゃったもんshine
樹氷もダイアモンドダストも見た事あるけど
霧氷は初めてだったので、大感激でした^^

天気がイマイチで喜べるって冬だけかもしれないですよね?happy01
他の季節だと、雨が降りそうな時ってはジトジト気持ち悪いしー
眺望もないから山頂getしてもテンション低いしね(笑)
いやぁ~いい日に行けて嬉しいっす♪

>が始めて鍋に行ったときも、霧氷だった(らしい)のですが、5歩進んでは立ち止まるほどの極度のバテで、全く霧氷を楽しむ余裕がなかったのです

この時のレポ、先日読みました^^
小丸尾根から登ったんですよね?
あそこ、凄くないですか?急登り加減が(笑)
下って行く時、とっても辛かったもんsweat01
私は登りたくないhappy02
小丸尾根の登りは絶対バテそうですもん・・・
でも、貧血になっちゃうって、それはかなり重症ですよね?^^;;
体調が悪い日に当ってたのかなぁ?


>それから164cm?!わー、予想外でした

ふふふ^^
R太郎はもう4月から中学生だしー、150cm近くあるもん。
それに私が三頭身だから小さく見える?(○゜ε゜○)プププー
思いっきり運動体型なんで、女子っぽくないのが悲しいデス。
あ!それ以前に「女子」と言える年齢じゃありませんでした(笑)

投稿: かわみん | 2010年1月22日 (金) 18時30分

かわみんさ~んヽ(´▽`)/
塔ノ岳登頂おめでとうございます。
新年早々?迫力ある鎖場クリアされてるじゃぁないですか(*^m^)スゴイゾ!
しかもロングコース!!
私はすっかり冬篭りしております(;;;´Д`)

私はこちらエリアは全く行ったことはありませんが、
三ノ塔からの景色、よいですね!
めざす山と稜線が見えるのって、とっても励みになりますネ(*^.^*)

こちらはまだ膝の調子がイマイチで、
山には出かけれそうにありませんが、
皆さんのレポを見せていただくのを、
楽しみにしています。次はどちらの山でしょうか?ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

投稿: ぽてと。 | 2010年1月23日 (土) 22時37分

sunぽてと。さ~ん!こんばんは~
コメントありがとうございます

>新年早々?迫力ある鎖場クリアされてるじゃぁないですか(*^m^)スゴイゾ!

そうなんです!
秋はR太郎の学校の行事とボーイの行事が多くて
山へ全然行けなかったので、ポカっと空いたこの日に行っちゃいました!^^
鎖場は、下っていくのはそんなに怖くないんですけど
下山する時の1番怖い鎖を登る時、悪い右膝を曲げてグィっと登ろうとしても
膝が痛くて思うように曲がらなくて焦りましたsweat01
この膝が憎いわぁー・・・ホントに。sweat02
気休めでもグルコサミン&コンドロイチン飲もうかなぁ?と思っておりやんす。

>私はこちらエリアは全く行ったことはありませんが

是非是非、膝の調子が良くなったら行って見てくださいね^^
リハビリで『鍋焼きうどん山(鍋割山)』もいいかも?ですgood
表尾根もUPDOWNきっついですけども中々面白いです♪
低山とバカに出来ないほど、美しい稜線歩きですよんshine

ぽてと。さんの膝、まだ調子がイマイチでしたか~(´・ω・`)ショボーン
でも冬から目覚める山と同じ頃に、
ぽてと。さんもきっと絶好調を迎えるに違いないです!
春なんてもうすぐですから!!bud
無理しないで、養生してくださいね♪
ホントにホントにお大事に。

投稿: かわみん | 2010年1月24日 (日) 21時18分

懐かしい~!
けど、かわみんファミリーの行程はすごい!
(こう書いていても実は全然わかっていない・・・・・)

どこをどう歩いたのか地図をみないと全然把握できない私ですが
皆さんがすごい、と書いてるので
きっとすごいのね! 
うん、間違いない!

雪の華・・・私も大好きで良くカラオケで歌います。
が、あの高音の所がけっこうきついです。
・・・って また話逸れてるし。(^_^;)

霧氷って本当に幻想的よね。
私が初めて見たのは赤城でした。
本当に驚きました。
アリスになったみたいに 別の世界に来ちゃったみたいな。
あの時も眺望は全然なくて だけどだからこそ
霧氷のモノトーンの世界が心地よかったのかも。

丹沢って本当に奥が深い。
けど きつい。
パパはあまり好印象でないのです。
登って下ってまた登って・・・が やっぱり好きじゃないらしい。
一番好きなのは ヘリでつるして稜線にポン!て
置いてもらうことだって。
ありゃりゃ・・・・
我が家の今年の山行も なんか思いやられるわ~。

それにしても かわみんファミリー、ほんとうにすごいね。
私は多分、一緒には歩けないと思います。
あ、多分じゃなくて 絶対・・・
もっと体力つけなくちゃ。
がんばりまーす。

かわみんちゃん、楽しいレポ、ありがとう。
自分も歩いた気分にさせてもらいました。

と、最後に一つ質問です。
丹沢方面てパーキングまでの道の様子はこの時期どうですか?
なんてったって我が家はノーマルタイヤなので
それが一番の問題なの。
やっぱり凍結とかあって ちょっと怖かったりするのかな。
かわみんちゃんちは スタッドレスなのよね?
ああ、お山選びも本当に小さい枠の中でになるので
大変だわ~。

ってことで、次のお山も また楽しみにしています。
ありがとう!!

投稿: ジュリア | 2010年1月25日 (月) 17時06分

sunジュリアちゃ~~ん!
こちらにもコメントありがとう~~゚.+:。(・ω・)b゚.+:。ウレスィ・・・

>懐かしい~!

↑この一言で、ポレポレの過去ログ見ました!!
ジュリアちゃん、日帰りで丹沢山行っちゃったのね~~~
しゅごい!!!!
塔ノ岳なんかより、もっと凄いと思うのでありんす。
で、また唐草模様の手拭で
『泥棒』
これに爆笑しちゃったよーー(〃^∇^)o_彡☆あははははっ
もう隊長さんも、わが息子を「泥棒」と表現する母ジュリアちゃんも最高shine

で、いいこと教えて貰っちゃった!
戸沢山荘のparkingから行けば、かなりの時間短縮出来るのね~
春になってヒルが目覚める前に、同じルートで登ってみよ~っと!
ありがと~~~note

で、雪の華。
私も大好き♪
カラオケでも唄ったわ~~でもね。。でもね。。。。
自分に合わないのよ、この曲。悲しいくらいに・・・
声の質が違うのかなぁ?ジュリアちゃんは歌えていいなー
ってカラオケ話に食いついちゃったよ!!

>霧氷って本当に幻想的よね
アリスになったみたいに 別の世界に来ちゃったみたいな


私アホだから、「アリスになったみたいに・・・」で

♪あなたはっイナッズッマ~~のよぉ~~~おにぃ~~♪
私のココロっ引き裂いたぁ~~~♪

って、歌う違うアリスだと勘違いしました。。_| ̄|○
こちらのアリスじゃ、到底霧氷とは遠いわよね。。。
そう「不思議な国のアリス」よね・・・失礼しました

>丹沢って本当に奥が深い。
けど きつい。


うんうん、ホントにそう。
歩いても歩いても沢山のピークが折り重なるように連なっていて
目的の頂へはそう簡単には導いてくれない
でも、きつくて凹みそうになると素晴らしい展望っていう素敵なスゥーツをくれて。
これが病みつきになるサイクルなのかしらん?
でも・・・パパさん好みの山歩きも結構いいかも!(笑)
だってーやっぱり登ったり下ったりはきっついもんね^^;;

>それにしても かわみんファミリー、ほんとうにすごいね。
私は多分、一緒には歩けないと思います

そんな風に言ってくれてありがとう
でもね、それは幻を見てるだけだと思うのよhappy02
実際の私達はヘタレですからsweat01
写真撮って休み休みだもん。
急登は写真撮ってるフリして休んでるのよぉ~~( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ
ガシガシ歩きたいけど、若くないから・・・筋力がぁ・・・

>最後に一つ質問です。
丹沢方面てパーキングまでの道の様子はこの時期どうですか?
なんてったって我が家はノーマルタイヤなので
それが一番の問題なの。


我が家もノーマルタイヤでーす!
なので、冬山は低山しか行きませんです。
でも、先日の塔ノ岳へ行った時でも、ヤビツ峠辺りからは
路肩に雪があったりして、凍結が怖かった~(してなかったけど)
日が高くなってから到着するわけじゃないから心配だよね~
でも、鍋割山山行で使った表丹沢県民の森の駐車場は
ヤビツなんかより大分低いからダイジョウブな気がする・・・
是非是非、お寒い季節に召し上がってね♪

なんだかダラダラと長くなっちゃって申し訳ないですっっ
どうも簡潔に書けない悲しい文章力しかない私。。。
見捨てないでね(笑)

投稿: かわみん | 2010年1月25日 (月) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538400/47301089

この記事へのトラックバック一覧です: 丹沢 ~表尾根を歩く~ 後編:

« 丹沢 ~表尾根を歩く~ 前編 | トップページ | 三浦半島 観音崎へ »